2016年12月13日 更新

第一印象【なんだこれは!?】リカンベントを買取してもらう

リカンベントはネットでたびたび話題になる自転車です。欧米では普及していて街中でも走っている姿を見かけることがありますが、日本ではあまり見かけません。そんなリカンベントは日本では貴重なので、高価買取を宣言している買取専門店が多いのです♪

リカンベントってなんだ?

意味は、横たわった・・・?

リカンベント=横たわったという意味でそのまんまです。
横たわって乗る自転車です。

…とまあ、辞書を調べると色々な意味があるようですが。要するにここ「日本教育輪店」ではただ単に「椅子に寄りかかるような姿勢で乗る自転車」と解釈しています。(人力高速移動椅子…とも呼称していますが、大げさな名前ですね)

欧米では古くて新しい人力交通機関として日本に比べて広く親しまれているリカンベントを、日本でも何とか当たり前の交通機関として一般に広く普及できたら楽しいだろうな…と思い、リカンベントの販売を始めることにしました。

リカンベントの歴史はかなり古く、自転車の歴史と同じくらい遡れます。化石燃料が少なくなり、電力の乗り物や燃料電池の乗り物に不安が残るもう少し先の未来には、この乗り物が当たり前のように「足」になってくれている事をぼくは想像しています。

少し先の未来を見越して乗る昔からある乗り物……乗っているのが楽しくて知らず知らずに笑みがこぼれるような乗り物……それが、日常の足として気持ちよく愉快に移動が出来るリカンベントではないでしょうか。

駅前に放置してある可哀想な自転車達は、残念ながら走って、足として、楽しく愉快な乗り物にはなれなかったのですよね……。楽しい愉快な足ならば、人は…あなたは…必ず大事にいつまでも乗ってくれる筈。そうすれば、駅前の可愛そうな放置自転車の無くなる少し先の未来が訪れるはずです。あなたの接し方で、いくらでも未来は愉快で楽しいく快適なものに変えられるはずです。

新しい自転車と思う方もいるかもしれませんが、ママチャリなどの自転車と歴史は同じくらいなのです。
初めて見た方にとっては、どんな姿勢で乗ればいいんだ?と思う方も多いかもしれません。
しかし乗ってみるとそんなことを考えていたことも忘れるくらい楽しいんです。
リカンベントは何と言っても「乗っているだけで楽しい」というところです。
ママチャリなどただ乗っていても楽しいとはならないでしょう。
乗っている時の体の感覚などがとても新鮮で、浮いているような感じです。
また、長いロングライドでも姿勢のおかげが、疲れにくいのです。

リカンベントを高価買取しているお店って結構多いです

日本ではあまり普及していないところが買取価格が上がっている理由です。
市場で出回っていることが珍しい自転車です。

自転車好きの人なら聞いたことがある背もたれ付きのシートと前方にペダルがあるリカンベントは、手軽に時速30km以上で走行出来る普通自転車です。

個性的な形と独特なフォルムから、老舗のメーカーから販売されているブランドモデルが多く購入時の価格はそれなりにします。購入したものの思ったよりもスピードが出る軽い走行感のために乗る機会が減っている人も少なくありません。

リカンベントは郊外や観光地で活躍する機会が多くブランド品が多いことからも、愛好家への売却を行う方法を確保していればリユースしやすい商品です。
新品の価格が高いことから、中古で探して購入する方も多いので、中古でも需要があります。
最近の新しいモデルだと折りたたみ可能なリカンベントもあり、それだとさらに高く買い取ってもらえます。
中古でもあっという間に売れてしまうのがリカンベントです。

リカンベントを買取する前に!

高価買取のポイント

リカンベントを買取に出す場合は、買った時に付属してきたものも一緒に全部持って行きましょう。

※リカンベントにはリアキャリアやフェンダーセットなどのいろいろなオプション品がありますが、オプション品を一緒に買取りに出すことで、買取金額は上がります!

※LightningやHP Velotechnikなど人気が高いリカンベントは需要が高く、買取価格が高くなります!

※新品に近く新型のリカンベントほど高値で取引されるため、不要になったらなるべく早めに買取りに出しましょう。

※普段からのメンテナンスが買取価格に大きく影響しますが、買取りに出す前のメンテナンスや掃除も、高価買取の大事なポイントです!
リカンベントのメーカーは、日本・台湾・オーストラリア・アメリカ・イギリス・フランス・オランダ・ドイツ・イタリア・チェコ・ポーランドなどさまざまなところにメーカーがあります。
代理店があれば、部品の取り寄せも可能なので、買取に出す前に新品の部品に変えることもおすすめです。

リカンベントの買取相場

リカンベントは中古で買取に出しても、値段があまり落ちません。

今回はリカンベントの中古のポイントについて考えてみる。

「新車はどうも高い!」
「ヤフオクで見たけど相場がわからない」
「中古だと何に気を付ければいいのか」

中古リカンベントのポイント
・メーカー
・車種名
・購入年 
・走行距離
は最低でも明記されているべき項目である

特にメーカーと車種は中古価格を決める大事な要素で新車時の価格がわからなければ妥当な値段かわからないのだ。状態さえよければリカンベントの中古価格は購入価格の半値が相場だといわれている。50万なら25万というわけだ。
買取に出す時には、リカンベントの基本情報は把握しておくようにしましょう。
そうすれば査定の時もスムーズに進めることができます。
23 件

この記事のキュレーター

ピコ太郎 ピコ太郎

おすすめの記事

今注目の記事