2016年11月5日 更新

ミノックスのカメラはマニアに人気!?高値買取のコツまとめ

スマホの普及に伴い、その存在が危ぶまれている「フィルムカメラ」。とは言え、希少性が高くマニアに人気のタイプは、例外と言えるでしょう。そこで今回は、その存在自体に価値がある『ミノックスのカメラ』についてまとめてみました。より高値で買い取ってもらえる方法とは?

男心を魅了する!ミノックスのカメラ

ミノックスのフィルムカメラの買取価格とおすすめ買取店2選 | ウリドキニュース

=目次=

・ 男心を魅了する!ミノックスのカメラ
・ 『ミノックス』の魅力とは?
・ 高値買取のコツとは?
・ メンテナンス方法
・ 最後に・・・
ミノックスはラトビアで創業しドイツに移転した光学機械メーカーミノックス、および同社の製造する超小型カメラのブランドだ。2012年に事業取得によりケンコープロフェッショナルイメージングから輸入している。

『ミノックス』の魅力とは?

ミノックス - Wikipedia

スパイの小道具として使われた・・。
まことしやかに囁かれるバックグラウンドが、
男性を惹きつけて止まない理由。
その精巧な機能はもちろん、持っているだけで
満足感が味わえる・・・
そんなカメラはミノックスだけ!
ミノックスの魅力は何といっても、実際にスパイ行為に使われたという伝説のある小型カメラでしょう。初代から何度もモデルチェンジをしていますが、実は基本的な部分はほとんど変えていないというから驚きです。その小ささに似合わぬ機能性や独特な形状は、カメラファンでなくても興味が掻き立てられますよね。コレクターがいるのもうなずけます。
ミノックスは誕生当時から、スパイカメラと称されてきた。本物のスパイが実際の諜報活動に使ったかは別にして、手のひらに収まるコンパクトさと洗練されたデザインは、まさにスパイの持ち物にぴったりだ。さらにプッシュ&プル方式のフィルム巻き上げ、ボディを横に引っ張ると現れるファインダーと撮影用レンズ、本体上面にレイアウトされたダイヤルなど、優れた操作性とデザイン的な美しさを両立。撮影を楽しむだけでなく所有する喜びも味わえる超小型カメラの決定版だ。

高値買取のコツとは?

【新製品レビュー】ミノックス「DSC Digital Spy Camera」

【ミノックスDSC(Digital Spy Camera)】

最小限の機能をコンパクトに凝縮したタイプ。
ミノックス特有の掌に収まるスクエア型で、
スパイ気分が味わえる逸品。
その人気は今でも健在で、
多くのマニアが魅了されている。
マニアを納得させる外観

ミノックスのフィルムカメラは実用というよりは趣味のカメラであり、マニアックなカメラです。よって、なるべく美品であることが望ましく、外箱や説明書なども含め、各種付属品を揃えておきたいものです。
【新製品レビュー】ミノックス「DSC Digital Spy Camera」

【ミノックスDSCパッケージ一式】

専用の各種アクセサリーが付き物なのが、
ミノックスの特徴。
その全てが揃ったパッケージは、
買取額を引き上げてくれる要素となる。
アクセサリーと一緒に

また、ミノックスには、接写用のアクセサリーなどのシステム化された各種アクセサリーがありますので、ボディー単体でなく一式セットで処分した方が有利になることも考えられます。さらに、超小型のミノックスは、コレクションとしてあるいはサブカメラとして、何台も所有していることもあるでしょうから、まとめて処分することで有利な条件を引き出せる可能性もあります。ミノックスは、特殊なカメラですので、ミノックスを扱い慣れている買取店を探し出すことも、重要なポイントになるかもしれません。
カメラはレンズ等重要箇所に傷がつかないよう使用の段階から気をつけるとよい。というのも本体保持部等の多少のキズや使用感に比べ、細かな傷だったとしても、査定額に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があるからだ。野外で用いるため落とすのはもってのほか、ストラップと携行用カバーは極力使用するように。
上記をまとめると・・

・ マニア向けのカメラであり、「美品」を保つ事が重要
・ 附属のアクセサリーはもちろん、外箱や説明書にも価値がある
・ ミノックスを求めるマニアが集まる買取店にターゲットを絞る
・ 最も買取額に影響するのは、レンズなどの重要ヵ所である

以上のポイントが分かりますね。

メンテナンス方法

意外と簡単かも!?自分で出来るカメラのセンサー清掃、3つの方法。 | studio9

普段のメンテナンスが買取額を左右する。
メンテナンスは、こまめに行う事が重要。
1.エアフローでカメラのホコリを飛ばし、エアフローで飛ばしきれなかったホコリは筆などの細かい毛で落とす
2.レンズを外しボディと同じくエアフローでホコリを飛ばす(ファインダーはホコリが入りやすい為入念に)
3.レンズを速乾性ノンアルコールシートで拭く(レンズにはコーティングがしてあるため、アルコールシートの使用はNG)
4.固く絞った布でカメラを拭き、使い古したハンカチでカメラを磨く(使い古したハンカチは布の繊維が柔らかくなっており磨くのに最適)

カメラは精密機器である。メンテナンスをするかしないかで寿命も査定額も変わってしまう。面倒かもしれないが手を抜かずに愛情をもってカメラの手入れをしてほしい。

最後に・・

誰もが知る世界的なカメラメーカー『ミノックス』。
スパイの小道具・・探偵の七つ道具・・そんなイメージを連想させてくれるミノックスのカメラは、
コアなマニアを惹きつけて止みません。
そんなミノックスで高額買取を目指すなら、4つのポイントを押さえておきましょう。
ちなみに、マニアを対象にしたオークションに出品するという方法も効果的。
国内のみならず、海外も対象にしたサイトがオススメです。
19 件

この記事のキュレーター

pontakun55 pontakun55

おすすめの記事

今注目の記事