2016年12月14日 更新

【自転車を楽しむ自転車】シクロクロスを買取してもらおう♪

泥の中でも楽しく走れるのがシクロクロスです。自転車競技のなかでは珍しいですが、でこぼこな道を走り、担いで登ってまた乗ることもできます。通勤にもオススメです。シクロクロスの高価買取が期待できる人気車種などを紹介します。

通勤にオススメのシクロクロス

シクロクロスとは

シクロクロスはでこぼこ道や泥の中を走行するので、フレーム形状がまず特殊だなと感じます。
悪路での速い走りを追求しているので、フレーム形状が変わっているのです。
シクロクロスとは、簡単に言うとダートを走れるロードバイクです。ロードバイクの形(ドロップハンドル)の自転車に荒れた道も走ることができる太めのタイヤを取り付けられ、ブレーキも砂などの影響を受けにくいカンチブレーキに変更されています。

また、フレーム素材もクロモリのモデルが多く、アルミやカーボンを使用したロードバイクに比べ、振動吸収や耐久性に優れています。

パンクに強いといえばマウンテンバイクですが、タイヤが太いので転がり抵抗が大きく長距離のオンロードには不向きです。シクロクロスバイクのタイヤは適度に太く、トレッド(タイヤの溝)も深く刻んであるので、「パンクに強い」「転がり抵抗が低く軽い」の両方の性能バランスが絶妙なのです。

シクロクロスは、悪路からツーリング、通勤通学にマルチに利用できます。
草地、林道、舗装路、泥道のほか、時には砂地でも安定して加速できます。
タイヤも特徴的で、泥や草を排出する性能が他と比べて高いです。
空気圧が低くても普通に走行できるので、パンクしにくいことも挙げられます。

未舗装の悪路で行われる自転車競技で乗るためロードバイク

悪路だらけの日本の道でも問題なし

楽な姿勢で乗れるのも特徴です。
また、フレームが頑丈で、ブレーキ性能の高いことからも、色々な場面で通用するロードバイクです。

日本の道路は自転車に向いていません。

自転車は道路の端を走行するものですが、その道路の端はひび割れてガタガタだったり、コンクリートがうねっていたり、砂利や破片が落ちていたりで、自転車にとっては悪路そのものです。 こんなところをロードバイクで走ったらパンクするのも無理はありません。

ですが、悪路に強いシクロクロスならこういった悪条件でもロードバイクより走りやすいです。

日本の道路事情を改善するには時間がかかります。 だったら、ただただ改善を待つよりも、悪条件をものともしないシクロクロスを選ぶべきです。

通勤通学以外にも、寒い冬季のトレーニング、自転車ツーリング、オフロード走行にも向いています。

高価買取が期待できる人気シクロクロスのモデル

自転車の買取専門店で高価買取を宣言している人気モデルを紹介します。

[GIANT]Great Journey 4万円~
[CENTURION]CYCLO CROSS 3000 5万円~
[SURLY] CROSS CHECK 3万円~
[FUJI] FEATHER CX 4万円~
[CANNONDALE] SUPER X3 9万円~
[MARIN] LOMBARD SE 5万円~
(2016年3月現在)

人気の高いシクロクロスの体表的なメーカーと買取価格は上記の通りです。そもそもの販売価格が高いシクロクロスは、当然ながら買取価格も高い!

ほとんどのモデルが通常状態なら2万円台で買取られることはないようです。

高いものは9万円以上で買取られるようですが、一部のモデルに限るので注意してください。また「自分の売りたいシクロクロスの買取価格をもっと知りたい」という方は、WEB上で無料査定を行っている買取店を複数利用して、売りたいシクロクロスの買取相場をチェックすることをおすすめします。
キャノンディールの本格シクロクロス「SUPERX」は、欧米で爆発的な人気を博しています。
なぜなら、キャノンデールが機材をサポートしているチームが、CXチーム2011年シーズンのイタリアナショナル選手権、アメリカU23女子ナショナル選手権、2010-2011年アメリカCXグランプリを獲得しているからです。

スリップ、落車も醍醐味の一つのシクロクロス

だけど、必ず汚れは落としてから買取に持っていこう

長い間、洗車をしていなければ、汚れがこびりついている場合もあります。
できるだけ新品に近い形で買取出すのがいいです。

事前に余計な部品を取り外し事前準備は済ませています。
油脂類の洗浄に使うデグリーザー。私は WAKO'S ワコーズの FILTER CLEANER フィルタークリーナーを使います。これを小さな別容器に必要量小分けします。

フィルタークリーナーを油脂で汚れた所に刷毛で塗って行きます。上部から下部へと進み、垂れた液体は容器で受けてやれば無駄が有りません。チェンホイールなどの細かな部分も刷毛なら簡単。通常、チェーンには一周塗ってやればオーケイです。スプロケットにも塗ります。フィルタークリーナーを塗り終われば水で洗い流します。

油脂汚れの洗浄が終われば、フレームなどを洗う洗剤を用意します。私が使うのは simple green シンプルグリーン。泡が出る程度に希釈して使います。サドルやハンドル フレームをスポンジを使い丁寧に洗って行きます。ホイールもスポークやタイヤも洗ってやりましょう。
フレームなどは中性洗剤を使うと汚れを落としやすいです。
24 件

この記事のキュレーター

サザンカ サザンカ

おすすめの記事

今注目の記事