2017年1月6日 更新

【5選】人気のMacを買取に出す前に~やるべき事~

Macのパソコンは長らく根強い人気を誇ってきました。それゆえ中古市場でもそれなりの値段で取引されています。自分のMacもそろそろ買取にだそうか、と思っている方はただ売りに出すだけではもったいないです。やるべきことをやって、しっかりとしたお値段で買い取ってもらいましょう。

iTunesの認証を解除する

iPodやiPhoneを使う上では欠かせない「iTuens」。Macを使う上では始めにこのアプリの認証を
行う必要がありますが、初期化を行うにあたっても認証を解除するのは欠かせない作業となります。

前置きが長くなってしまった反面、実際の作業は非常に簡単だ。iTunes(ともちろんOS)が起動できるなら、以下の作業をすればいい。

iTunesを起動してメニューバーから「Store」を選択
「このコンピューターの認証を解除」を選ぶ
登録しているApple IDとパスワードを入力して「認証を解除」を押す

iCloudからサインアウトする

Macを利用する利点はiCloudなど、
タブレットやスマホとデータを同期させるためのアプリが使えるという点です。
それゆえ、初期化するだけではなく、これらのアプリからサインアウトする必要があります。

iCloud からサインアウトする

「Mac を探す」やその他の iCloud の機能を Mac でお使いの場合は、まず、iCloud データのアーカイブまたはコピーを作成しておきます。
その上で、Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックして、「Mac を探す」チェックボックスの選択を解除します。
最後に、iCloud からサインアウトします。システム環境設定で、「iCloud」をクリックしてから「サインアウト」をクリックしてください。
iCloud からサインアウトする際、Mac から iCloud データを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されます。iCloud のデータは、同じ Apple ID を使っているほかのデバイスには残ります。

AppleIDを解除する

アプリをダウンロードするのに必要なAppleID、しっかりと解除しないと
クレジットカードなどの情報が残ってしまいかねません。もしかしたら次の利用者に悪用されてしまうかもしれないので注意してくださいね。

【手順6】App Store からサインアウトする



App Storeを開き、メニューバーの「Store」>「サインアウト」を選択します。

データをバックアップする

パソコンを買い替える上で何より大事なのがこのバックアップです。
今まで使っていたデータを新しいパソコンでもすぐ使えるように準備しておきましょう。

MacではこのTime Machineという便利なソフトが利用できます。有効活用しましょう。
2.Time Machineを使ってデータをバックアップする

Macを初期化、売却・譲渡する前は必ずバックアップを取っておきましょう。
TimeMachineを利用して完全なバックアップを作成するほか、外付けハードディスクやDropboxなどのクラウドストレージサービスを利用して重要なバックアップだけを保存する方法もあります。

パソコンを初期化しよう

Macの初期化はここまでやって初めて行うことができます。
個人情報につながるデータなどを一掃するために忘れずにやっておきましょうね。

この画面が出たら初期化は完了です。
5. 再フォーマット、OS Xの再インストール

準備が完了したら、ディスクユーティリティを起動し、HDDを消去してから、OS Xを再インストールします。

ディスクユーティリティの起動方法や、OS Xの再インストール方法は、Macのモデルによってかなり異なっています。例えば、Mac mini Late 2009のようなDVDドライブ付属モデルの場合、インストールDVDを挿入し、"C"キー押しながら電源を入れることで、ディスクユーティリティが起動します。

ディスクの消去は「セキュリティオプション」で「7回消去」を選べば安心できると思います(ただし、時間が物凄くかかります)。

OS Xのインストールは最後まで行わず、「ようこそ」画面が表示されるところでやめておきます。要は自分が購入して電源を入れた時と同じ状態に戻しておくというわけです。

以上で完了です。
20 件

この記事のキュレーター

ぱげ ぱげ

おすすめの記事

今注目の記事