2016年9月21日 更新

【シルバー950】買取相場ガイド【高額買取】

シルバーのネックレスやリング(指輪)をお持ちの方も多くいらっしゃいます。ただ、金(ゴールド)と違い、どれぐらいの相場感で買取が可能かイメージがつかない方も多いでしょう。そして、シルバーは変色しやすいという性質もあり、買取前の手入れや、メンテナンスがとても重要になってきます。ここではシルバーの買取相場やメンテナンスについてまとめました。

シルバーの基礎知識

シルバーの歴史はとても長く、古代メソポタミア文明の頃から、装飾品とされていました。
歴史・産地
シルバーは、金・銅に次いで発見された金属で、色調の美しさや加工のしやすさから、古代からジュエリーに使われてきました。またプラチナやゴールドに比べて手ごろな価格で供給されているため、銀食器など大振りなアイテムにも多く使用されています。産地は、メキシコ、アメリカ、ペルー、カナダ、オーストラリア、ロシアなどです。

性質・特徴
長い間空気に触れると酸化膜に覆われて黒ずんできますが、シルバークリーナーなどで簡単にきれいにすることができます。加工のしやすい素材ですが、純銀のままではジュエリーには軟らかすぎるため、銅などを加えた合金を使用することが一般的です。単位はSV1000が純銀、割金の量によりSV950(95%シルバー、5%割金)、SV925と表示されます。

巷でアクセサリーとして出回っている銀製品は圧倒的にSV925が多いと思います。これにはちゃんと理由があって、純金のままだと柔らかすぎるので、最もジュエリーの加工に適しているとされる925をするんですね。100パーセント銀ではないと言っても92.5%はシルバーなわけなので、これは十分な含有率だと思います。そういったことから、SV925を純銀製と呼ぶこともしばしばあるそうです。
一番最初に発見された金属は、ゴールドでした。現在でも、ゴールドの価値は上がり続けています。
シルバーは、ゴールドと比べるととても手に入れやすい貴金属です。シルバーにも産地というのがあって、どこでも獲れるわけではありません。ネックレスやブレスレットだと肌に触れるので、汗が付着してしまいます。身に付けた後は、きちんと手入れをしないと、変色して黒ずんでしまいます。

シルバーには、純金に近ければ近いほど数字が上がっていきます。純度が限りなく100%に近いシルバーは、SV1000と言われていますが、少々高いです。金属アレルギーに対してSV1000は良いですが、強度が弱いので、アクセサリー類というよりは、銀食器などに使われることが多いです。

大手ブランドだとSV950がよく使われています。シルバーの配合が高いので、輝きが綺麗だといわれています。
Free Images - Pixabay

変動する市場価格(シルバーSV950)

シルバーSV950は、買取相場が変動しやすいです。
Send Gifts to India | Online Gifts for Men, Women & Kids | Gifts for all Occasions

とある買取業者のサイトでは純銀製品の価格が1kgあたり83.500円になっており、シルバー950、925、900とその含有量に応じて価格も下がってきています。かなり数年前と比べると価格も高騰していますし、今がチャンスである。とも考えられますよね。

とはいえ、こちらの価格もとある店舗の情報ですし、店舗によっては買取価格に手数料もかかってしまう場合があるので、このあたりのチェックはできるだけ怠らないようにしていきましょう。この価格は毎日変化していくので、もし相場を確認していきたい方は、日々シルバーの市場価格をチェックしていくと良いのではないでしょうか。金にプラチナなどと同様にシルバーなどもしっかりと海外のレートを基本にして、買取業者も価格を設定しているのです。

ちなみに、この価格も銀の価格となるので、様々な種類に銀が含まれているものであれば買取をしてくれる買取業者も多数いるので参考にしていみても良いのではないでしょうか。アクセアリーとしてシルバーを売却するのであれば、まずその純度を確認する必要があります。純銀の含まれている容量で買取価格にも大きな変動が生まれて行きますので、この辺りは確実に注意が必要となっています。

もちろん、先程伝えたかもしれませんが、買取業者によって、買取の価格も非常に変わって来るので、その店のホームページや店頭で買取相場を確認しておいた方が、高価買取に近づけるということになります。

SV925は意外と多い。

シルバーの純度でいうと、安価な値段で出回っているシルバーアクセサリーは、SV925が一番多いです。
リングだと、裏に純度がどれぐらいか記載されていますが、記載されていないリングは、ほとんどがSV925です。SV950は、純度が95パーセントで残りの5パーセントには銅が使われています。強度も高く、変色もしずらいので、高価なシルバーアクセサリーの中では一番人気でしょう。需要があり人気ではありますが、買取相場が安定していなのが現状です。買取に出すときに、相場が知りたい場合は、毎日市場をチェックしながら、様子を見る必要があります。

買い取ってくれる場所

シルバーアクセサリーは、需要があるので買取市場も活気があります。

貴金属を買い取ってくれる場所は、たくさんあります。専門店もありますし、質屋やリサイクルショップが買取を行っていることもあるでしょう。買取のレートや査定料、検査料も店によって違います。ですから、インターネットなどで店舗のサイトを見比べてみましょう。

また、貴金属の買取店ランキングなども作成されています。貴金属を買取には長い歴史があるのです。ですから、いろいろな理由をつけて買い取り額を下げようとする業者も少なくありません。口コミ評価の高い店舗や、買い取り価格や手数料、査定料が明確な店舗を選べば間違いないでしょう。
高く買取してもらいたい場合は、リサイクルショップなどで買取に出してもらうよりも、専門店に出す方が高く買い取ってもらえるでしょう。きちんと純度について知識がある業者に持ち込むことをおすすめします。
家に押しかけて、売るまで帰らないと居座る悪質な業者もあるので、注意しましょう。

お手入れメンテナンスについて

業者にもっていく前に、きちんと手入れをしてから持っていくと、査定額も上がります。

毎日お手入れしていても必ず変色はするものです。これがシルバーのいいところなのですがツヤがなくなってしまったら重曹(炭酸水素ナトリウム)で磨いてみましょう。指先に水をつけて、少量の重曹でコシコシしてください。ツヤが出ます。余談ですが、この重曹、お掃除や、消臭剤、入浴剤などなどいろんな使い道があります。

でももっと白くてピカピカにしたい!という方は、専用のクリーナーを使いましょう。クリーナーには、布に研磨剤を染み込ませたクロスタイプ、科学的にシルバーの表面の硫化銀皮膜を落とす液体タイプ、研磨剤を配合したペースト状のタイプなどがあります。クロスタイプのものはそのまま磨いてください。変色も取れ、小キズ程度なら取れてしまいます。

この時、磨いても、磨いても黒いものが布につきます。なかなか汚れが取れない・・・のではありません。これはシルバーが削られているのです。磨きすぎに注意してください。シンプルなデザインのものならこのクロスタイプがお勧めです。液体タイプのものは、直接液に数秒浸し、その後お水で十分に洗い流し、ドライヤーで乾かしてください。
自分で手入れをしてツヤを出すこともできるので、買取に出す前にやると査定額もアップするでしょう。
シルバーの変色を落とすことができる、液体などもあるそうなので、そういうのを利用するのもいいです。

おすすめの貴金属買取業者ランキング【kaitotte編集部選定】

おすすめの貴金属買取業者ランキング【kaitotte編集部選定】
どのお店で買取をお願いしたらいいか分からない!という悩みを解決をおするために、カイトッテ編集部が独自に買取業者のランキングを用意しました。各業者の特徴を見比べ、最適な買取業者の選定にお役立てくださいね!
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【スタージュエリー】高額買取狙うなら知っとこ情報【シルバー】

【スタージュエリー】高額買取狙うなら知っとこ情報【シルバー】

スタージュエリーは国内ブランドのジュエリーです。昔からとても人気が高く、今でも多くの方が愛用されています。 そんなスタージュエリーを高く売る為にはどうすれば良いのでしょうか? どういったお店に持ち込めば良いのか?高く売る為のポイントについてまとめました。
arate0 | 578 view
【シルバー】思い出のティファニーは高額買取でサヨナラ!

【シルバー】思い出のティファニーは高額買取でサヨナラ!

世界的に有名なティファニーのアクセサリー。あなたもブレスレット、指輪、ネックレスなどお持ちではありませんか?甘い思い出や苦い思い出、いっぱい詰まっていて捨てられない…。でも仕舞いっ放しでは勿体ないですよ。ティファニーはどんな時代でも需要が高いブランドです。もしかするとそのティファニー、うんと高額価格で売れるかも…。
ハチドリ | 4,630 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

b58sn5v3o72d b58sn5v3o72d

おすすめの記事

今注目の記事