2016年12月15日 更新

【高価買取を目指せる】ヴィンテージ自転車の人気が高い

ヴィンテージ物というのは、買取市場において需要の高い商品です。 自転車もヴィンテージ物に関しては人気が高く、物によってはかなりの高額査定が期待できます。 ヴィンテージ自転車を高く買い取りしてもらうにはどうすれば良いのか調べました。

ヴィンテージ自転車

ルネ・エルスのギドネットレバー ( 自転車 ) - Airs - Yahoo!ブログ

フレンスのビンテージ自転車で有名なのはやはり、ルネ・エルスの自転車ではないでしょうか。ルネ・エルスは1940年代から80年台までフランスにあった自転車店です。ヨーロッパ各国で自転車の開発が発展していましたので、フランスでもこういった有名な自転車店が未だに語り継がれています。

フランス以外にも、もちろん多くのビンテージ自転車があります。イタリアでは、カンパニヨロ社の自転車がビンテージ自転車として人気がある様です。カンパニヨロ自転車といえば、メカニズムを誇る自転車メーカーで有名です。

歴史のあるシマノの自転車はビンテージ自転車としてよく知られる作品を多く生み出しています。
ヴィンテージ自転車は昔製造された自転車で今でもとても人気の高い自転車です。
多くはフランスの自転車が有名ですが、イタリア、日本製も有名な物があります。

ヴィンテージのカスタム

最近、ヴィンテージのナガサワのフレームに最新のDURA を搭載したり、昔のフレームに最新のコンポーネントを載せて乗る方が急増中です。これこそ、自転車の楽しみ方の一つですよね。最新のバイクには性能面で劣りますが、乗り味の良さは格別。特に、国産競輪フレームやイタリア製のクロモリはもはや芸術品の部類だと自分では思います。最近再発された チネリ スーパーコルサにカンパ スーパーレコードを載せてという王道の組み合わせも、やはり一度は所有してみたいですね。
女性向けのヴィンテージ自転車も多く、見た目が可愛い自転車も多くあります。
ヴィンテージ自転車に新しい物を付けるという楽しみ方もあります。
クロモリ?スチール?ロードバイク?3 - 英国式自転車生活 - Yahoo!ブログ

オークション相場

「ベルギー ヴィンテージ 古い自転車のナンバープレート 赤紫」が19件の入札で1,200円、「70年代 TOEI 東叡社 ヴィンテージ 自転車 現状 検)ランドナー」が18件の入札で90,000円、「ヴィンテージ自転車 関根自転車 レトロ レストア済み」が11件の入札で45,000円という値段で落札されました。このページの平均落札価格は25,464円です。
オークションでは、部品でも売ることが出来ます。
入札件数も多いので、オークションで買い取ってもらうと言う方法もありますね。

高く売る方法

自転車とパーツは別にお売り頂く
同時で大丈夫です。但し、自転車のフレームやホイールなどをカスタムされていらっしゃる場合は、元々のデフォルトの自転車の状態のパーツやコンポーネントをお持ちですと、買取金額は「ついているパーツ」を別のお買取査定させて頂くため、高くなります。

メーカーや車種、モデルに関係なくアピール下さい。
人気車種などは当然買取が高くなりますが、購入されたいお客様の情報もあるため、どのような自転車でも買取価格が高い可能性があります。ヴィンテージなどの場合には、定価を超えるものもあります。お持ちの自転車の定価や購入時の事情などは考慮せず、がんがんアピールしてください。
買取専門店で少しでも高値で買い取りしてもらうためには、ヴィンテージであることをアピールする必要があります。
アピールする前の準備としてどれだけ人気が高い自転車なのかを知っておくことが重要です。
そしてその価値を分かってくれる自転車買取店であるというのもお店選びにおいて大切ですよ。

洗車する

どんなに人気ブランドの自転車でも、汚れたままでは第一印象が悪く、査定額が下がってしまいます。査定を受ける前には、最低でも泥汚れ・オイル汚れをスッキリ拭き取っておくのが基本です。
フレームの小キズや擦れは、車用のワックスやコンパウンドで目立たない程度まで消せるので、少し手をかけるだけで、ずいぶんスッキリした見た目に変わりますよ。
査定するサイドに高値で買取をしてもらうためには、印象が大切です。
印象を良くする方法としては、査定を受ける前に出来るだけキレイにしておくということです。
洗車といっても大げさにやることは無く、見た目だけでもキレイにしておくことが重要ですよ。

洗車は洗車場で

コイン洗車場 カーピカランドレインボー開明店/相賢

車の洗車場で自転車の洗車を行うと楽です。
今はセルフの洗車場が多いので気にすること無く利用が出来ます。

少しでも高く買い取ってもらうためには準備が重要ですよ。
20 件

この記事のキュレーター

misima misima

おすすめの記事

今注目の記事