2016年11月11日 更新

【職人技が光る】フィッシャーマン釣具買取で気をつけること

フィッシャーマンは、釣具ブランドとして国内だけではなく有名です。特にロッドは優秀です。 釣具の高価買取ポイントの中に、キレイにしてから売るというポイントがあります。 そこでキレイにするための方法について紹介をしていきます。

フィッシャーマン

FISHERMAN

フィッシャーマンのスタッフたちがロッドの仕上げの作業を行っている。「私はデザイナー。なにかを発想し、工夫し設計するのが仕事です。スタッフは職人気質。私の意図を正確に把握して、製作に関する実際の作業を行っていく。意識してこうなったわけではないですが、なかなかいいチームだと思っています」
 タックルの性能に関して判断するのは一般のアングラー。だから鈴木さんは、「お客さんはフィールドテスターなんです。お客さんはさまざま。初めて釣りをする人、それなりの経験を積んでいる人、腕力がある人、体力がない人、経済的に余裕がある人、経済的に余裕はないけどとにかく釣りが好きだという人・・・・・。いろいろな人の話を聞いて、それに対応するようなかたちで仕事をしていくというのが、ウチの姿勢なんです。」という。
釣具のブランドとして、ユーザー目線で開発しているのがフィッシャーマンです。
設計から製造までを行っています。

フィッシャーマンのロッド

多彩な色の組み合わせはFISHERMAN独自に研究され、染め抜かれた専用スレッドから巻かれます。
工程は全て手作業で糸1本1本を丁寧にブランクに巻きつける職人技が冴えています。 
下巻と色のハーモニー、上巻とのバランスは、豊富なスレッドカラーを用いたFISHERMAN社オリジナルです。アングラーの豊かな感性が自在なバリエーションをFISHERMANロッドに表現できます。
上品な発色と品格、他の追随を許さない仕上げは自然乾燥で10回塗りという時間と手間と暇のいる地味な作業から生まれます。
FISHERMANのロッドは全てに神経の行き届いた職人によって作られています。
STORM と SALTYSTAGE で またまたサワラ! ( 釣り ) - フィッシャーマン ロングウェルのブログ - Yahoo!ブログ

フィッシャーマンの釣具は全体的に人気が高いですが、中でもロッドに関しては全て手作業で作られており、性能はとても優秀です。
10回塗りという工程を行っているので、サビなどに強いロッドとなっていますね。

高く売る術

•1、できる範囲で掃除はしましょう!
•2、付属品、備品は忘れずに!
•3、説明書、保証書はお忘れなく!
•4、新品は開封せず、未開封で!
•5、思い立ったときが売り時
•6、単品よりも複数で
釣具を高く売るための術は、掃除、付属品、売り時、いっぺんに多く売る。
この4つのことを知っておけば、まず査定額でマイナスを付けられることはありません。
この中で、付属品が紛失してしまった場合はどうしようもありませんが、掃除はご自身でも行えると思います。

ロッドの掃除

ロッド修理 ( 釣り ) - MONO MAJI - Yahoo!ブログ

釣りが終わり、道具を片付けてさあ帰ろう!!となるのではなく、ここでも一手間かけてやります。(2分で終わる)
釣り終えた後の道具ってのは必ず海水が付いているものです。特にロッドやリールは直接的に海水が触れる場所なので塩分が多く付着している事が多いです。
そのままロッドホルダーに入れてしまえばその塩分がホルダー側にも付着してしまい、最早パンデミック状態になってしまいます。二度手間とも言いますね。
釣り終わった後は乾いたタオルでロッドを拭くようにし、最大限塩分をとっておく事でその先のメンテナンスにも一役買うことになるでしょう。カバンにタオルを入れておくのをお忘れなく!
ロッドの掃除は、使用後から始まります。
釣りが終わった後というのは一番ロッドが汚れています。
そこで一手間、軽く拭いてあげるだけでも違ってきます。
帰宅したらガイドを中心にリールシートやグリップなどを流水で洗い流していこう。振り出し竿の場合はロッドを軽く引き出しながら隙間も丁寧に洗うようにする。

ガイドは特に傷つきやすく、塩がたまりやすいので、指や柔らかい歯ブラシで丁寧に洗うと長持ちしてくれる。水で洗い流した後は、キズがつきにくい柔らかいタオルで水分を拭き取り、陰干ししたら完了だ。
家に帰ったら、流水で洗ってあげることが重要です。
ロッドに付いている塩分は付着してしまうとサビの原因になってしまいます。
出来るだけ、細かく手入れをすることで、キレイなままのロッドを保つことが出来ます。

買取店

たとえば、質屋に釣り具を持っていくと、オークションの価格を調べたり、安売りの価格を調べたりしている。同じことを中古釣具屋もしているはず。その価格にあわせて、店頭で売るわけだから、個人のオークションの額をかなり下回るのはかなり当たり前。
どこで買い取ってもらうのかというのは、高値で買い取ってもらうために重要な事です。
オークションは手間がかかりますが、買いたい人がいれば高値が付きます。
買取店は、すぐに買い取って貰えるかも知れませんが、査定額は思っていた金額にならないかも知れません。
時間をかけられるのなら、オークションで、時間が無いのなら買取専門店で買い取って貰うことにするのが良いですよ。
20 件

この記事のキュレーター

wajima90 wajima90

おすすめの記事

今注目の記事