2016年11月28日 更新

【フェアウェイウッド】ゴルフクラブは手入れをして買取

ゴルフクラブの中にも種類は沢山ありますが、フェアウェイウッドはキレイにして買い取ってもらうと高値で売れる可能性があります。フェアウェイウッドはウッド部分に関しては手入れが簡単ですので、少しだけ時間をかけてキレイにしましょう。どうやってキレイにするのかなどを調べました。

人気のフェアウェイウッド

キャロウェイ X HOT 2013
ミッドサイズでバランスのいいモデル
ミッドサイズのシャローフェースで非常に構えやすい作りをしている。強い球筋がウリの一つではあるが、打ち出し角を高く保つことにも成功していて、ロースピンながらも高弾道。飛び系モデルなのにやさしく高い球を打てる、高バランス型FW。

テーラーメイド RocketBallz
強弾道で飛距離性能バツグンのFW
ヘッド体積が大きく、ボールも上がりやすい、つかまりのいいヘッド。ソール部分に配置された溝、「スピードポケット」によってボール初速を一気に加速する。このクラブの発売以降、大人気となった「ロースピン」の先駆けで、とても強い弾道が特徴。
フェアウェイウッド 製品情報(メンズ) | キャロウェイゴルフ Callaway Golf 公式サイト

ゴルフクラブの中でも、フェアウェイウッドは重要なクラブですよね。
買取市場で人気が高いのが、上記のフェアウェイウッドです。
その他にもダンロップなども人気の高い商品です。

買取時の注意点

スポーツ用品を買取する際に重要視されるのは商品の仕様状態なども御座いますが、忘れてはいけないのが保証書です。近年のスポーツ用品はブランドバックの様に1点1点が非常に性能が高く、高価で販売されており、オークションなどではコピー商品が出回るほど。その為、ブランドバックと同様に保証書の存在は買取をする際に非常に大きく左右されるのです。
買取の際には、出来るだけ付属していた物も一緒に買取に出しましょう。
偽物が出回っているような商品は特に保証書などが重要となります。
購入したときに分かる場所に保管しておくのがポイントですよ。

キレイにすれば高値が付く

★用意する物

•パーツクリーナー(ブレーキクリーナー)
•メラニンスポンジ(いわゆる激落ちくん的なもの)
•金属磨き(液体コンパウンド、今回はピカールを利用)
•コンパウンド(自動車ボディ用コンパウンド)
•耐水ペーパー(#300~#2000番程度を数枚)
•自動車ボディ用コーディング剤(金属用コーティング・保護剤)
•キッチンペーパー
•マイクロファイバータオル
ゴルフ用品を手入れするときには上記の物を揃えておくと、掃除が楽になります。
他にも自宅にありそうな雑巾や中性洗剤なども役に立ちますよ。

まずはグリップ

握り方(グリップ)編 ~ゴルフ初心者のラウンドデビューまでの道~ ゴルフの練習をしよう|初心者ゴルフナビ

一番汚れているグリップから始めましょう。
用意するものは、キッチンにある食器洗い用洗剤と水、そしてタオルです。
最も厄介な汚れである手脂は”酸性”なので、アルカリ性の洗剤を用いるとよく落ちるのですが、効果が高すぎてグリップの素材自体を痛めてしまう恐れがあります。
そこで、脂汚れにも強く素材を痛める心配の少ない”中性の”洗剤を使います。現在日本で流通している食器洗い用洗剤は、ほとんど中性ですので、こちらを水で薄めてタオルに浸します。
あとはひたすらグリップをゴシゴシすれば、びっくりするほど汚れが取れます。これを繰り返し、硬く絞ったタオルで表面の洗剤成分をふき取った後、最後に乾拭きします。
グリップは一番汚れが目立つ場所でもあります。
買い取りしてもらう前には必ずキレイにしておきたいですね。
次に使う方のことを考えてキレイにすれば高値が付く可能性もありますよ。

ウッド部分

[1]雑巾でまず水拭きをし、次にカラ拭きをして汚れを落とす
[2]カーワックスをトップ面につけてツヤを出せば完了。このとき、フェース面にカーワックスがつかないように注意 ※有機溶剤は色落ちの危険があるので使用しない
クラブ&グッズの手入れ術-その他 【パーゴルフ プラス|PAR GOLF PLUS 】 P1/8

ウッドの掃除は比較的簡単です。
から拭きしてワックス掛けをすれば終了です。
傷などがある場合は、消しゴムを利用するとキレイになる事もあります。

買取店選び

ゴルフクラブを買い取ってもらう際には、ゴルフクラブを専門に扱う業者に買い取ってもらうのが高値を付けるコツです。査定の際に専門的な知識がある方の方が正確な査定をしてもらうことが出来ます。
出来れば複数のお店に査定してもらうことも大切です。
大事にしていたフェアウェイウッドを少しでも高く買い取ってもらうために、少し手をかけておきたいところですね。
21 件

この記事のキュレーター

yusima yusima

おすすめの記事

今注目の記事