2016年8月19日 更新

【もうちょっとで損するところだった】バイクの買取契約をクーリングオフして解除するノウハウ

クーリングオフは契約を解除することが出来る権利です。これをバイクの買取の際に使用することは出来るのでしょうか?もしも出来るのだとしたらどのくらいの期間内に、そしてどのような方法で行えば良いのでしょうか?

クーリングオフ

 「クーリング・オフ」とは、契約した後、頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。
 一度契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが契約の原則ですが、この原則に例外を設けたのが「クーリング・オフ」制度です。
クーリングオフとは、契約したのですが持ち帰ってかえってみるとやはり契約を解除したいときに使える消費者の権利です。
主な適用範囲は、通信販売や電話などの勧誘による販売、もしくは訪問などの勧誘も適用されますね。

買取業者へのクーリングオフ

消費者から依頼を受けて査定のために訪問した買い取り業者は、査定をしたうえで「この金
額になりますが、売ってもらえますか」と勧誘することは不招請勧誘に当たるので、禁止され
ています。消費者は「査定の依頼」をしただけで、訪問購入の勧誘について要請しているわけ
ではないので、訪問購入の契約の締結については勧誘をしてはいけないのです。査定業者は、
査定しただけで帰らなければならないということになります。

ただし、買い取り業者が契約の締結について勧誘をすることは禁止されていますが、査定価
格を知った消費者のほうから「この金額で契約したい」と申し込むことは禁止されていません。
消費者から契約の申込みがされた場合には、買い取り業者が承諾することは許されています。
この場合にもクーリング・オフ制度などの適用はあります。
買取業者にまず依頼をするのは査定ですね。
そこで、無料査定を謳っているところは、査定以上のことをしてはいけない事になっています。
もしも消費者サイドが査定額に納得をして契約をしたとしてもクーリングオフは可能です。

クーリングオフが出来る期間

クーリング・オフできる期間は何日間?
法律で決められている書類を受け取った日から、下記の期間はクーリング・オフができます。
訪問販売 : 8日間
電話勧誘販売 : 8日間
特定継続的役務提供 : 8日間
連鎖販売取引 : 20日間
業務提供誘引販売取引 : 20日間
訪問購入 : 8日間

期間が過ぎたらクーリング・オフできないの?
8日間、20日間の期間が過ぎた場合でも、次のような場合はクーリング・オフができます。
受け取った書類が、法律で決められた通りにクーリング・オフについての注意書きをしていないなどの不備がある場合。
事業者が、「クーリング・オフはできない」と嘘を言ったために、できないものだと誤解をして期間を過ぎてしまった場合。
事業者が、クーリング・オフをさせないよう、威迫したために、困惑してしまって期間を過ぎてしまった場合。
クーリングオフが出来る期間というのは法律で決められています。
バイクの買取などの場合は契約した日を含めて8日です。
買い取り価格にいったんは納得したけど、やはり止めたいときは8日以内に通知をしてください。
注意点にもあるとおり、業者はクーリングオフ出来ないという嘘をついてもいけません。

クーリングオフの行い方

クーリング・オフは、必ず書面で通知して証拠を残すことが大切です。
書面は「はがき」で構いませんが、証拠を残すために特定記録郵便または簡易書留で送付します。
クーリングオフは必ず書面での通知を行わなければいけません。
この際に相手が受け取った証拠を残すためにかに届け、特定記録郵便で行いましょう。
通知するとき

通知するとき

クレジット払いの時

クレジット払いの時

買取業者への通知

買取業者への通知

注意点

1.記載したはがきは、郵送する前に必ず両面(表と裏)をコピーします。
2.はがきは郵便局の窓口で、特定記録郵便または簡易書留で出します。
3.はがきのコピーと郵便局の窓口で渡される特定記録郵便または簡易書留受領証を大切に保管しましょう。
(これがクーリング・オフをした証拠になります。)
相手先、買取業者が受け取っていないなどと言われないためにも、簡易書留の受領証、配達記録などは必ず残しておきましょう。
通知書面のコピーもしておくことが重要です。

内容証明

手紙の差出日付と手紙文の内容を郵便局が公的に証明してくれるものだからです。
内容証明郵便なら、クーリングオフの意思表示をしたという手紙文(書面)による証拠、及びクーリングオフ期間内に発信したという郵便局の通信日付印(確定日付)による証拠が確実に作れるのです。
一番良い手段は内容証明郵便を送ることです。
内容証明は、受取人が確実に内容を確認しましたという法的な効力を持ちます。
知らない、受け取ってないは出来ません。
よっぽど悪質な業者でない限りは問題ありませんが、慎重を来す場合はこういった方法もありますよ。
もしもバイクの買取に不満を感じたら、クーリングオフは消費者を守るための権利ですので、相手が何を言ってこようが公使をしましょう。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プラチナのコイン、買取の前にする事がある!

プラチナのコイン、買取の前にする事がある!

「使わなくなった貴金属を、買い取ってもらおう!」 そう思った時、できるだけ買取価格は高い方がいいですよね。 買取をしてもらう前に、いくつかやっておくことがあります。 ちょっとしたことで買取価格は大きく変わってしまうんです。 コツなどを色々と調べてみました!
ichigo | 296 view
知っておきたい!バイクを買い取ってもらう際にトラブルを防ぐためのノウハウ

知っておきたい!バイクを買い取ってもらう際にトラブルを防ぐためのノウハウ

中古バイクの査定・買取でよく発生するトラブルが買取金額のことではないでしょうか? 買取金額さえ高ければ、相手がどんな対応であろうがトラブルは防げるはずです。 そこで買取金額でトラブルにならない為にはどうすれば良いのかについて考えました。
ryoukun | 365 view
ブランド品を高価買取してもらうコツを教えます!

ブランド品を高価買取してもらうコツを教えます!

中古ブランド品は相場というものがあります。しかし、売り方によっては相場よりもかなり高く売れたり、反対に安く買い取られてしまうこともあるのです。ブランド品を高く買い取ってもらうためには、いくつかのコツを抑えておくことが重要です。
管理者 | 227 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

morissy morissy

おすすめの記事

今注目の記事