2016年12月19日 更新

DynaBook買取時の注意点【高価買取のコツについて】

ダイナブックは、国内では人気のノートパソコンですよね。 そんなダイナブックの買取には注意点がありました。その注意点とは何なのでしょうか? 少しでも高く売るための、買取に出す前に行っておきたいことについて紹介をします。

DynaBook

ダイナブック(DynaBook、2003年からdynabook)は、東芝クライアントソリューションが製造し、東芝コンシューママーケティングが販売するパーソナルコンピュータの日本でのブランドである。1989年に発売されたJ-3100SSから使用された。

ブランド名は、アラン・ケイの提唱した「ダイナブック」を意識し目指したことに由来する。「ダイナブック」はアスキー(現・KADOKAWA)が取得していた商標だった。

当時は「DOSベースのただのノートパソコンにダイナブックという名前をつけるとは何事か」との批判もあったが、やがて東芝のブランドとして定着した。
ダイナブック (東芝) - Wikipedia

DynaBookは東芝が作成するノートパソコンで、歴史も古く日本ではメジャーなノートパソコンですね。
そんなダイナブックは買い取り市場ではどうなっているのでしょうか。

買取価格の例

dynabook T75 T75/A 2016年秋モデル
¥72,200
dynabook T55 T55/A 2016年秋モデル
¥56,200
dynabook T45 T45/A 2016年秋モデル
¥43,200
dynabook B45 B45/A PB45ANAD4RDAD81
¥25,700
dynabook B24/23TB PB24-23TSCB
¥33,600
dynabook T85 T85/A 2016年秋モデル
¥82,500
dynabook Satellite B35 B35/R PB35RFAD2R7AD81
¥32,300
dynabook T75 T75/B 2016年冬モデル
¥129,600
dynabook B25/23TB PB25-23TSCB
¥34,400
dynabook B45 B45/A PB45ANADQNAADC1
¥25,600

買取価格は安定しています。
人気が高い証とも言えますね。
DynaBookを買い取りしてもらう際の注意点とは何でしょうか。

買取時の注意点

パソコンを初期化する
始めに、パソコンを初期化していない人は初期化しておきましょう。初期化の方法は機種ごとに違うので、付属のマニュアルを参照するか、リカバリーディスクを持っている人はリカバリーを行います。

Officeをインストールする
パソコンを売るときに、MicrosoftOffice等のOffice製品が入っているだけで高く売れるポイントになります。PCを買ったときにMicrosoftOfficeというディスクが付属されていた場合には、必ずインストールしておきましょう!
DynaBookは初期化してから買い取りしてもらうのが良いですね。
少しでお店の負担を軽くすることで査定額も上がります。
オークションであったとしても、次に使う人のことを考えて初期化しておきましょう。
個人情報の問題もあります。

初期化方法

東芝のパソコン(ダイナブック、サテライト、コスミオ、エクイアム)に関する初期化(リカバリー)方法は大きく分けて5種類あります。

機種が製造された時期にも依存します。東芝パソコンの場合、一般的には下記の①と②がスタンダードです。

①ディスクリカバリー方法
②ハードディスクリカバリー方法
③USBでリカバリーする方法
④ブートメニューからリカバリーをする方法
⑤windowsから指定してリカバリーする方法

の合計5つの方法があります。
東芝 DynaBook B451 ノートパソコンのリカバリ・再セットアップ ( 栃木県 ) - 栃木県の地域情報ブログ! - Yahoo!ブログ

初期化する方法は、上記の様になっています。
今はリカバリーディスクを使用すれば簡単に出荷時の状態に戻すことが出来ます。
説明書などを見れば難しくはありませんし手間もかかりません。

初期化の例

1.パソコンの電源を切り、パソコン本体にACアダプタと電源コードを接続します。
2.キーボードの[0](数字のゼロ)キーを押しながら、パソコンの電源を入れてください。
3.「初期インストールソフトウェアの復元」画面が表示されます。画面が表示されましたら[0]キーから指を離します。
4.作業を続行してもよろしければ、キーボードの[Y]キーを押してください。
5.「復元を開始します!」というメッセージが表示されます。
作業を続行してもよろしければ、キーボードの[Y]キーを押してください。
グラフが2度目に100%に達すると完了です。
6.復元が完了すると、”何かキーを押して、マシンを再起動してください。
7.Windowsのセットアップを行ないます。
これはダイナブックSSL11の場合のハードディスクリカバリ方法です。
昔の機種ですが、リカバリ方法は難しくはありませんね。

高く売るためのコツ

①付属品を付ける
購入した際に付いていた付属品は出来るだけ揃えてから買取に出しましょう。
特にACアダプターやリカバリディスクは必須アイテムです。
②掃除をする
掃除をすることで査定する方の印象も変わります。
液晶画面やキーボード部分など出来る範囲でキレイにしておきたいですね。

以上の様な方法を取れば少しは高値の査定をしてくれると思います。
愛用していたDynaBookなら少しでも高く買い取ってもらいましょう。
20 件

この記事のキュレーター

husimi husimi

おすすめの記事

今注目の記事