2016年8月21日 更新

【必要書類をまず揃えろ!】バイクの高額買取のために必要な書類とはなに?

バイクを買取に出す際には、提出する必要な書類がたくさんあります。書類が不備だと買取価格が相場より安くなってしまいますので、必要な書類を揃えて、確実にもっていきましょう。査定するにあたり必要な書類が揃えば高額買取に一歩近づきます。場合によっては、書類の再発行も必要でので注意が必要です。

バイクショップは、書類不備による再発行手続で手数料が発生する

書類が不備だと再発行しなくてはいけないので、再発行代として手数料がとられてしまいます。

買取専門業者ではなく、販売や整備が中心のバイクショップでは、売却時に書類不備があると、再発行手続きに対して手数料を取る場合があります。

売買契約書や明細に手数料の記載がなくても、再発行手続きをする手間賃を差し引いて買取額を算出している場合があります。

バイクを売る時は、一度売却時に必要な書類をチェックして、自分であらかじめ必要書類を揃えるか、買取を専門にしている業者に売却を依頼するとよいでしょう。
全てのバイクショップが手数料をとるわけではないですが、再発行代としてとるバイクショップは多いです。
手数料の分を買取額から差し引く場合もあります。
高額買取以前に損をしてしまう可能性があるので、書類の不備はないようにしましょう。
バイクを買い取ってもらう際には、必要な書類はあらかじめ準備しておくと、手間も省けます。

車検を証明する書類

どんな書類が必要なのか細かく見ていきましょう。

排気量251cc以上の車両の場合は、車検証が必要です。排気量250cc以下の場合は車検がありませんので、車検証の代わりに軽自動車届出済証が、排気量125cc以下は標識交付所が必要となります。

どれも普通にバイクに乗っていれば必ず所有している書類です。稀に無くしてしまったりする人もいるようですが、基本的にこれらはバイクに常に常備しておくべき書類です。無くさないよう、バイクに乗るときも乗らないときもバイクに積んでおけば、無くさずにすむでしょう。
251cc以上の大きいバイクは買取の際に、車検証が必要になります。
バイクを買った時には、いつか買取に出すことも考慮して、車検の書類や軽自動車届出済証は無くさないようにバイクに積んでおきましょう。

排気量250cc以下のバイクに必要な書類

250cc以下のバイクを買取に出す際には、以下の書類が必要になります。

まず125cc以下のバイク(原付)の場合だと、標識交付証明書というナンバー取得の際に交付されているものが必要です。

紛失した場合はバイクを登録した役所で再発行してもらえますから必ず準備しましょう。その他、自賠責保険証、身分証明書など本人確認が出来る書類が必要です。印鑑も必要となります。

126から250ccのバイクの場合だと、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証返納済確認書、
軽自動車届出済返納証明書、自賠責保険証、身分証明書、印鑑が必要です。

原付を買取に出す際には、ナンバー取得の際にもらえる標識交付証明書の提出が必要になります。
なくしてしまった場合には、再発行も可能なので市役所に行きましょう。
他にも、身分証明書や自賠責保険証、印鑑も必要になります。
排気量によって、必要な書類は変わってきますので、買取に出す前にチェックしましょう。

未成年の場合

未成年の方がバイクを買取に出す際には、また別に書類が必要です。
未成年者でもバイク買取業者に査定を依頼して、買い取ってもらえます。ただ、同意書や親権者への確認が必要となります。これらの準備が出来ていないと、買い取ってもらえません。事後承諾などは受け付けてもらえないので、あらかじめ親権者に話をしておきましょう。思った以上の査定額が出ても、売れなかったら悲しいですね。実は査定員も買い取れなくて悲しいのです。いじわるをしているわけではありません。手続き方法は、バイク買取店毎で異なります。査定依頼をする前に聞いて準備しておきましょう。
成年がバイクを売る場合、保護者の同意が必要です。

バイク買取会社指定の同意書に必要事項を記入して査定員に渡します。

また、保護者が立ち会う事を原則としている買取店もあります。

保護者との事前の電話確認や、身分証明書の提示を求められるケースもあります。

バイクショップや買取店によっては、保護者同伴が原則の場合もあるそうなので注意しましょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴルフはドライバーだけでも買取ってもらえるの?高価買取をしてくれるコツもご紹介

ゴルフはドライバーだけでも買取ってもらえるの?高価買取をしてくれるコツもご紹介

ゴルフが趣味で、新しいドライバーを購入することになった! というようなケースでは、不要になったドライバーのみを買い取ってもらうことができるのでしょうか。ゴルフクラブは必ずしもセットで売らなければならないというわけではありません。
管理者 | 277 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

b58sn5v3o72d b58sn5v3o72d

おすすめの記事

今注目の記事