2016年8月25日 更新

マル秘○トロンボーン高額買取術!!

トロンボーンは、吹奏楽部で弾いている人を見かけたりしますよね。また、オーケストラでもトロンボーンを弾いている人がいます。こうしてみるとトロンボーンはとても需要がある楽器です。もともと、高価格帯の楽器であるため、買取相場でも高額査定がつきやすい楽器です。ここでは査定相場、秘訣、注意について述べていきます。

トロンボーンとは

トロンボーンは、楽器の種類でいうと管楽器の部類に入ります。

トロンボーンは音程が正確にとれることや、楽器の構造がシンプルであることから、トロンボーンによるハーモニーは非常に美しく、人間の声ともよくブレンドします。また、トロンボーンの音色は、様々な楽器の中で人間の声に最も近い音色だと言われています。

スライドを操作するという構造上の理由から、早いパッセージは苦手なため、独奏者、独奏曲のどちらにも恵まれておらず、一部の演奏家が精力的にレパートリーを拡大しているものの、ソロ楽器としての一般的な認知は低い。逆に、音程を連続的に変化させるポルタメントは得意技で他の楽器にはない魅力となっている。

クラシック以外では、ジャズやディキシーランド・ジャズの頃からすでに代表的な地位を確立し、ビッグバンドのホーン・セクションの一員としてだけでなく、独奏楽器としても活躍の場も多い。
小学校の吹奏楽部でもトロンボーンを弾いているので、弾きやすい楽器ともいえます。
トロンボーンは、ハーモニーを作るのを得意とする楽器です。
種類も豊富でどんな音楽を目指すかによってどのトロンボーンがおすすめか変わってきます。

管楽器は高価買取が期待できる!

需要のある楽器は買取価格が高くなる

吹奏楽やブラスバンドなどで使われる管楽器は、高価なことから、新品を買わずに、まずは中古から始めるという人が多いため、需要の見込めるジャンルだといえます。 その中でも人気なのが、金管楽器では、トランペットやトロンボーン、ホルン。木管楽器では、サックス、クラリネット、フルートです。
トロンボーンは、新品で値段の安い種類でも30万円ほどします。
ですから、まずは新品を買うのではなく中古品から買う人が多いのです。
トロンボーンの中古市場に需要があるのは、このような理由からでしょう。
音大受験の時もそれなり高価な楽器を使用するのですが、実は入学後買い換える人が多いのです。そのため、これまで使っていた楽器を買取に出して、新しい楽器の購入の資金の一部に使う人が多く、ファゴットやトロンボーン等の大型楽器を使っている人は、買取の出張を頼む姿も多く見られました。

相場ですが、大体半分から3分の1程度の価格がつけば良しと言う世界です。場合によっては、10分の1と言う場合もありますが、これらの価格は元々の楽器が持つ価値、需要、それからメンテナンスに左右されます。

トロンボーンも重い楽器ですから、業者に持ち込むよりも出張買取がおすすめかもしれません。
自分で持っていくと、傷が付いてしまう可能性もあります。
傷があれば査定額は下がってしまうので、買取に出す際は注意する必要があります。
30万円のトロンボーンを売る場合、買取に出すと10万円以上では買い取ってもらえるでしょう。

高額買取のポイント

トンボーンの高額買取には、商品の状態なども関わってきます。

トロンボーン査定の際には、トロンボーンメーカー・トロンボーンの機種・キズ・凹みなど、使用感・修理の必要性や修理跡がないかなどを考慮し、トロンボーンの買い取り・トロンボーン下取り金額を決定しています。

消耗品の交換が必要な修理(リペア)をしなければならないトロンボーンについてのマイナス査定はしておりません。

凹みやキズが無く、見た目がよければ、高額なトロンボーン買取査定をさせていただきます。
宅配買取をお願いする場合は、トロンボーンの状態の詳細をしっかり記入しましょう。
傷や凹みは修理にお金がかかりますが、汚れは落とせるものはきちんと落とすと査定額はアップします。

YAMAHAなど有名メーカーだと更に高くなる傾向

楽器は、ブランド力というのがあるので、有名ブランドであれば高くで買い取ってもらえます。

日本の楽器メーカーといえば、YAMAHAが有名です。KAWAIも同じく有名なメーカーですが、どちらかというとYAMAHAのほうが高い買取価格となることが多いです。たとえば、ピアノなどでも20年〜30年ほどの年数を経ていても、比較的高く売れることが多いのです。もし、この2大メーカー以外のメーカーのピアノとなると、同じぐらいの年数を経ていてもほとんど買取価格がないも同然となります。

しかし、外国製の高級メーカーとされるベーゼンドルファーやスタンウェイであれば、もちろん買取価格は高くなってきます。このように、日本においてはYAMAHAかKAWAIであり、外国ならベーゼンドルファーなどの高級メーカーの製品を購入しておくのがもっとも買取価格が高くなる傾向があります。
ヤマハのトロンボーンは、音程が安定していて人気があります。
癖が少ないといわれているので、自分の出したい音が出せます。
日本の楽器メーカーだと高く買い取ってもらえる傾向があります。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴルフクラブを売る!【テーラーメードははずせない】

ゴルフクラブを売る!【テーラーメードははずせない】

世界中のゴルファーが愛用している「テーラーメード」。日本向けモデルも多く製造していて、日本のゴルファーからの評判はとても高いですね。中古で探している人も多く、買取に出すと高価買取査定が付く「テーラーメード」の魅力に迫ります。
gold3009k | 511 view
【ジャンル別】ミュウミュウの高額買取のコツ

【ジャンル別】ミュウミュウの高額買取のコツ

個性的で可愛いデザインのミュウミュウ。日本の20代~30代の女性から絶大な人気を誇っています。 そんな人気のミュウミュウを、買取にだすときやっぱり高額で買取ってもらいたいすよね? ここでは、バッグや財布など気になるミュウミュウの商品の買取についてまとめてみました。
みやび | 620 view
コレクターが欲しがる「ブレゲ」買取査定してもらなきゃ損!

コレクターが欲しがる「ブレゲ」買取査定してもらなきゃ損!

1775年にフランス・パリで産声を上げた高級時計メーカー、ブレゲ。高級腕時計コレクター垂涎のブランドとなっています。中古のブレゲを探しているコレクターが多く、買取査定はうなぎのぼりに。お持ちの方は買取査定に出してみると、驚くような買取金額が提示されるかもしれませんよ♪
gold3009k | 613 view
シンプルラインの「フレデリック・コンスタント」高額買取へ導くポイントとは?

シンプルラインの「フレデリック・コンスタント」高額買取へ導くポイントとは?

スイスの高級時計「フレデリック・コンスタント」。流行に左右されないシンプルなデザインで人気ですが、使わなくなった腕時計があるなら早めに買取ってもらいましょう!高額買取してもらえるポイントをご紹介いたします。
komrin | 459 view
要らないティーポットは早く買取を!(シルバー専用)

要らないティーポットは早く買取を!(シルバー専用)

アンティーク調でとっても可愛いシルバー製のティーポット♪シルバー製だし、ティーポットだし買い取ってくれないでしょ?と諦めてる方!実は買い取ってくれるんです♪そこでシルバー製のティーポット買取について調べてみました!
ゆうがお | 482 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

b58sn5v3o72d b58sn5v3o72d

おすすめの記事

今注目の記事