2016年12月10日 更新

海外映画の高額フィギュアはやっぱりスターウォーズでしょ!

スターウォーズシリーズは歴史が長いので、フィギュアの数は非常に多いです。スターウォーズファンのなかには、フィギュアを集めているコレクターなども多いです。掘り出し物なども多く、中古市場での方が需要が高いので、買取価格は高値が期待できます。

世代を超えて大人気・スターウォーズシリーズ

今年2015年に発売された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の3.75インチ・フィギュアには、昔からのファンには懐かしい、5箇所関節が採用されているのだが、造形は「THE BLACK SERIES」レベルというハイブリッドな仕上がりで、幅広い年齢層に人気を呼んでいる。

また、今回のシリーズならではの特徴が、付属のボーナス・パーツだ。これはトイ・オリジナルのデザインなのだが、フィギュアに装着するだけではなく、3種類を合わせると小型メカが完成する仕組みになっている。

2015年に大ヒットをうんだスターウォーズシリーズ第7作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。
この映画の影響でスターウォーズのフィギュアの売り上げは中古市場でも高まったそうです。
新しいシリーズのフィギュアも続々と販売されていますが、ヴィンテージ物のスターウォーズは見つけるのは至難の業で、中古市場では当時の販売価格を大きく上回った価格で買取されています。

芸術性が高い「ARTFXプラスシリーズ」

サイズ的にも丁度よく、値段も手ごろなことから、コレクションとして集めやすいです。
男性・女性共に人気があります。

ここ10年以上「ハイクオリティなスターウォーズフィギュアメーカー」といえば『コトブキヤ』が真っ先に名前を挙げられていた。以前の記事でもご紹介した「ARTFXシリーズ」も同社の製品である。

今回ご紹介したいのは「ARTFXプラスシリーズ」で、ざっくりいえば2回りほど小さくなり価格的にも手頃になったアイテムだ。造形や色彩は非の打ちどころがなく、種類も豊富。芸術品の要素も兼ね備えた、「飾りたいフィギュア」の代表格と言える。
もちろん、値段が手ごろなだけでなく、フィギュアとしての出来栄えがとても良いです。
アイテムの差し替えや付属パーツも魅力的です。
サイズ感が人気を集めているので、中古市場でも納得のいく値段で買取してもらえるでしょう。

希少価値が高い!ヴィンテージ(オールド)ケナー

スターフォーズの1作目が公開された約40年以上も前に販売されていたフィギュアシリーズです。
数年で販売が終了していることから、市場であまり出回っておらず、希少価値が高いフィギュアです。
買取に出せば、新品以上の値段で買い取ってもらえること間違いナシです。

コレクション部屋で特に目につくのは、ヴィンテージケナーのフィギュアだ(アメリカの玩具メーカー、ケナー社のヴィンテージもの)。棚に並んでいるフィギュアの写真を注意して見てほしい。同じキャラクターでも、微妙に違うのだ。

特に、ヴィンテージケナーの「ダブル・テレスコーピング・ライトセイバー」は、初期に少量生産されたフィギュアで、ライトセイバーが2段階になって伸びるのだ。製造コストの関係で、発売直後に1段階に伸びるライトセイバーに変更された。なので、初期のフィギュアは市場に出回っている数が少なく、ダースベーダー、オビ・ワンのカード入りのフィギュアになると、コレクターの市場で200万円以上になる事もある。

「以前、コレクター仲間から『70万円の安い価格でオビ・ワンのダブル・テレスコーピング・ライトセイバーを手に入れた』って報告がありました。70万円で安いって喜んでいたのですが、普通に考えると高額な金額ですよね(笑)」

倍の値段どころではなく、何十倍も跳ね上がった値段で買取されています。
ヴィンテージ(オールド)ケナーのフィギュアを買取に出すなら、フィギュアの専門店かスターウォーズのフィギュアを多く扱っている買取店で査定にだしましょう。

ダースベイダーや暗黒卿のフィギュアは人気

ダースベイダーのフィギュアで躍動感のあるポーズをとっているフィギュアはレアです。

ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロのフィギュアは意外と販売されていましたが、ダースベイダーなど悪役のフィギュアは数が少なくレアです。

真っ赤なマントに身を包んだインペリアルガードは特にレアなフィギュアで、プレミアが付いているものも多く、ファンにはたまらないアイテムです。

ダースベイダーのフィギュアにもいくつか種類があり、大きさや可動するフィギュアについてはより値段が高く、人気も大きいです。
製造された年代やメーカーによっては、各アイテムの色や顔つきが絶妙に違っていたりします。
その違いや良さに気付いてくれる買取店で買取に出すのが一番です。
21 件

この記事のキュレーター

ピクニケ ピクニケ

おすすめの記事

今注目の記事