2016年11月12日 更新

【リールのメンテ】 タカミヤの釣具高価買取に必要なことは?

タカミヤの釣具というと、安くて性能が良い物です。タカミヤは釣具の小売りを主な事業として行っていますが、オリジナルブランドも提供しています。 リールは中でも人気の高い品で、お手入れ次第で高値が付く可能性があります。 リールはどうやってお手入れするのが良いのか紹介します。

タカミヤ

株式会社タカミヤ(英称:Takamiya CO.,LTD)は、福岡県北九州市に本社がある日本の釣具の直営小売チェーン店である。店舗名は、「釣具のポイント」である。国内には2015年(平成27年)4月現在、南は鹿児島から東は千葉まで全国に66店舗展開。日本国外は1994年(平成6年)に韓国へ100%出資子会社として韓国タカミヤを設立し、店舗を展開。2007年より中国で釣具の製造業にも進出。
タカミヤは釣具の小売りを行う会社ですが、オリジナルブランドの釣具も製造しています。
全国に「釣具のポイント」という名前でチェーン展開を行っています。

オリジナル商品

メタルアンカー シャロー

●恒久性、剛性に優れたメタルボディを採用
●同価格帯では実現し得ない安定したオシュレーションを実現するスライダーホールディングシャフト搭載
●デリケートな調整が可能なドラグシステム。特にドラグを緩める時の繊細さは目を見張ります●5+1ボールベアリング搭載で全てフルシールドモデル
●シャロースプールモデル
オリジナルブランドの物は、スピニングリールだけでは無く、釣具全体の製品を発売しています。
特徴としては、値段が安いという点があります。
そして性能も良いと言うところも魅力点です。

買取相場

一概には言えませんが定価の2~3割程度が相場ではないでしょうか?
中古市場の売値相場が大体、定価の4割~6割位の値段を付けているお店が多いですので買い取りとなると中古売値の2割~最大5割ほどが買取値段だと思います。
特に小物や衣類は竿やリールと比べると買い取り金額が張らないような感じです。
逆に竿、リールのNEWモデルや人気商品等は交渉次第で金額UPが期待できますのでお店側が提示した相場の金額に対して2つ返事をしない事です。
中古の釣具の買取専門店での買取相場は、大体定価の2割から3割くらいとなっています。
1万円で購入した釣具なら3千円くらいが買取相場ですね。
中古の釣具を売って、新しい釣具を購入すると考えればちょうど良い相場です。

高く売る方法◎メンテナンスが重要◎

完全防水のリールはありません。ですから、淡水はともかく、海水が思いっきりかぶるような使い方は避けましょう。これだけを心がけていれば、現在のリールなら、かなり長持ちするはずです。
万が一海水が入り込んだ状態のまま放置すると、水分が蒸発したあと塩や異物だけが残ります。
こうなってはギアやベアリングを傷めてしまう恐れがあります。そのためにも、釣りから帰ったらなるべく早く水洗いしましょう。
水洗いといってもどぶ付けはNG。必ず流水で洗うようにしましょう。シャワー等があればベストです。
【メンテ屋が教える極意】リールメンテナンスのススメ | 糸の結び方から最新釣況まで釣りの情報をまとめてお届け! ~ 釣り人情報箱 ~ | つり通信:@niftyつり

買取に出す際に重要となるのは、釣具の場合はとにかくお手入れです。
サビが付いたリールは買い取ってもらうことが出来ません。
その為にも、リールに関してはメンテナンスを日頃から怠らないようにしておきましょう。
まずは、リールを分解して水洗いを行います。
この際には流水で洗うことが重要です。

グリスアップ

使うのはどのメーカーでもいいです。オイルとグリスの二種類があれば充分です。
使い分けは飛距離に関係するような場所は回転性重視でオイルを使います。
飛距離に関係しない場所は耐久性重視でグリスを使うのが基本になります。
まめに給油するかたはオイルだけでもなんとかなります。
ただギアボックスまで開ける方はグリスは必ず必要です。

リールのメンテで次に重要なのはグリスアップをすることです。
ベアリングなどを使用している釣具は、グリスを付けるだけで使い心地も大きく変わります。
組み上げてからベールの上げ下げ、巻き心地、ドラグの効きなど各部の動きを試して問題無ければ最後にリール全体を綺麗に拭いてメンテナンス終了です。
※油分を拭き取れるもので拭いたほうがいいと思います。

メンテナンスする前に感じていた巻き心地の違和感がちゃんと解消していましたのでメンテの効果はあったようです(笑)
最後に組み立てて、動作確認をしたら完了です。
この工程を行うのに多少時間がかかるかも知れませんが、高値で買い取りしてもらうためには必要なことですので、行っておきたいことです。
20 件

この記事のキュレーター

sumida sumida

おすすめの記事

今注目の記事