2016年12月19日 更新

【人気モデルから見る買取相場】VAIOを高値で売る方法

VAIOは国内にお住まいの方であれば聞いたことがある人気のノートパソコンでは無いでしょうか。 今でも人気の高い商品で、新しいモデルには高値が付くことも良くありますよ。 そこで人気モデルの買取相場について、どうやって高値で買取をしてもらうのかなど調べました。

VAIOの由来

「Video Audio Integrated Operation」の頭字語とされ、AV機能を重視している。2008年7月には「Visual Audio Intelligent Organizer」と再定義された。また、“VAIO”のネーミングおよびロゴデザインは後藤禎祐によるものである。なお、ロゴの意匠のうち“VA”は正弦波でアナログを、“IO”は1と0でデジタルを意味しており、「アナログとデジタルの融合」というスローガンを掲げている。
さらばレッツノート!こんにちはVAIO! ( 大学 ) - 広島やらせ乾杯本舗 - Yahoo!ブログ

VAIOの名前の由来は上記の様になっているのですね。
ソニー製のノートパソコンとして発売されていましたが、今は独立した会社になっています。
それでも尚人気の高いノートパソコンです。

VAIOの人気モデル

VAIO Z クラムシェル
・バッテリーの持ち時間 MAX27時間
・重さ(持ち運びやすさ) 1.17kg
・価格 15万8000円〜
第1位に輝いたのは圧倒的な評判を呼んでいるVAIO Z クラムシェルとなります。

VAIO s13(2016年版)
・バッテリーの持ち時間 MAX10.5時間
・重さ(持ち運びやすさ) 1.06kg
・価格 11万8000円〜
VAIO s13モデルは、バッテリーの持ち時間こそZシリーズに比べて短いですが、とにかく”コンパクト”にまとめられたノートパソコンです。

VAIO Z フリップモデル
・バッテリーの持ち時間 MAX19時間
・重さ(持ち運びやすさ) 1.34kg
・価格 19万8000円〜
VAIO Z フリップモデルは、ノートPCでありながらタブレットにもトランス フォームできる所謂”リバーシブル型”。
VAIO | 商品情報 | VAIO Z

VAIOの中で最も人気が高いのがZシリーズですね。
その中でも、VAIOZクライムシェルモデルはとても人気の高い製品となっています。

参考買取価格

VAIO VAIO Z クラムシェルモデル VJZ13190211B ブラック
買取上限金額
¥85,000

買取上限金額について
・表示金額は、キズ・汚れなどの外装状態、動作に問題がなく、出荷時の付属品(箱、周辺機器、冊子など)がすべて揃っている場合の価格です(別途表示のあるものは除く)。
・同一商品(色違いなど含む)が複数の場合、買取査定額の変動がございます。
こちらのお店ではVAIOZクライムシェルモデルは85000円が上限金額となっていますね。
定価を考えると6割弱という所です。
とても高値での買取をして貰えることが分かります。
VAIO Z クラムシェルモデル VJZ1311BDL1B ブラック
付属ソフト 付属品ACアダプター, クリーニングクロス, VGAアダプター
買取上限価格 66,700円
こちらのお店では、66700円となっています。
微妙に型番が違いますので、正確な比較は出来ませんが、このように複数のお店での買取科か卯を調べてみて、高い方で査定をしてもらうというのが高値を付けるポイントの一つです。

オークション

imac風のデスクトップPC | FLAT ICON DESIGN -フラットアイコンデザイン-

「VAIO VAIO Z VJZ13A9BB1B」が31件の入札で124,550円、「VAIO Z 2015 フリップタイプi7 8g 128gb シルバー 美品VJZ13」が20件の入札で120,000円、「新品 VAIO Z VJZ13B1BBL1B Core i7 13.3型」が14件の入札で194,000円という値段で落札されました。
オークションではかなりの高額で取引されています。
入札される方も多く、VAIOのクライムシェルが人気なのが分かりますね。

査定のポイント

日用品・生物など | FLAT ICON DESIGN -フラットアイコンデザイン- | ページ 3

査定に出す前には
①出来るだけ掃除をしてから買取してもらうこと
②付属品は忘れずに
この2点を守ることが大切です。
特に付属品は、購入時の物が一つでも欠品していると大きな査定額ダウンになってしまいます。
リカバリディスクや付属で付いていたofficeなどは買取にかなり重要になりますので、必ず一緒に査定をしてもらいたいところです。
VAIOのノートパソコンを少しでも高く買取してもらうためには、まずは相場を知って、どこで買取をしてもらうのかを決め、査定される前には付属品や外観などのチェックは怠らないようにしたいですね。
20 件

この記事のキュレーター

asika asika

おすすめの記事

今注目の記事