2016年12月1日 更新

【ミラーレス一眼カメラ】の高額買取のポイント!!

ミラーレスカメラは軽量小型で、デジタル一眼なみのキレイな写真が撮れることから人気があります。デジタル一眼レフほど高くなく、買いやすいことも人気の理由の1つです。中古市場でも、コンパクトデジタルカメラよりも高く売ることができます。ミラーレスカメラの特徴や高く売る方法をまとめました。

ミラーレス一眼カメラの定義

「レンズ交換が可能なデジタル一眼レフカメラから、光学式ファインダー(レフレックスファインダー)に関係する構造を除くことで小型軽量化を図ったもの」と認知されている
重くて大きなカメラは持ちたくないが、キレイな写真を撮りたいという層に受け入れられています。

デジタル一眼レフとの違い

デジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの画質の違いは撮影した写真を大きく引き伸ばしたときに差が出てくることが多いので、2L判くらいの大きさでスナップ撮影なら画質の違いはあまりわからないくらいです。

ただ、夜景撮影など明るさがたりないところでの撮影は差が出ることが多いです。
よほど大きいサイズに拡大して引き延ばすのでなければ、画質に大きな違いはありません。
ただし夜景ではデジタル一眼のほうがきれいに撮れるようです。

ミラーレスカメラのメリット

ミラーがないために動作音が小さい。シャッターを押すときに小さな音がするだけです。
構造が簡単で故障しにくいというメリットもあります。

ミラーレスカメラが向ている人

・カメラ任せでキレイな写真が撮りたい人
・軽くて、小さくてコンデジよりもキレイな写真を撮りたい人
・カメラ初心者

メーカーごとに強みが違う!

メーカーごとに得意な色の表現があります。サンプル画像を見て、自分の表現したい色にあったメーカーがおすすめ。

◆オリンパス

ミラーレス一眼カメラに力を入れるオリンパスは機種も豊富。ミラーレス一眼カメラのシェア率だけで言えば、カメラ業界No1。初心者向けのPENシリーズとプロ仕様のOM-Dシリーズがあります。特徴としては、防塵・防滴に強いです。

そのため、アウトドアのシーンなどで使っていきたい人などにおすすめのミラーレス一眼カメラ。
アウトドアスポーツなどで使いたいなら、オリンパス!

パナソニック

パナソニックは動画に特化したGHシリーズとGXシリーズがあり、GXシリーズの最新機種では6段分の手振れ補正を実現するなど、使い勝手も性能も格段に向上しました。また、ライカと提携し、高品質なレンズを開発しています。
動画に強い!

ニコン

あまり知られていませんが、ニコンは元軍事メーカーだったため、しっかりとした作りのカメラが多いです。写真の特徴としては、忠実に色を再現することに長けています。そのため、景色撮りなどをメインに行っていきたい人などにおすすめです。
頑丈なカメラ。景色を中心に映したい人向け。

ソニー

ソニーのα7シリーズは発売当時、ミラーレス機唯一のフルサイズセンサー搭載。ビデオカメラメーカーらしく、動画に強いミラーレス一眼カメラをそろえています。動画をメインに撮りたい方にはおすすめのメーカー。また、ソニーの特徴として、軽量なカメラが多いです。ミラーレス機の中でも軽量なカメラを探している方は要チェック。
軽量なカメラ。動画を撮影したい人にも向いています。

キャノン

キヤノンはデジタルカメラ業界のリーディングカンパニーとして、定評のある操作性と高い性能を備えたミラーレス一眼カメラを発表しています。長年業務用などにもカメラを作り続けてきただけあって、人を撮る際の色合いなどが抜群に良いです。人を多く撮りたいなら、キヤノンのミラーレス一眼カメラをおすすめします。
人を中心に撮影したい時はキャノン

富士フィルム

画質のクリアさにこだわるなら富士フイルム。プロやマニアにも愛好者が多いようです。デザインもクラシックカメラのデザインを再現しています。写真も色彩豊かなのが特徴です。
クリアな画質が特徴

ペンタックス

ペンタックスの「Qシリーズ」は「世界最小のレンズ交換型カメラ」。小ささを通級するなら見逃せないモデルです。また、豊富にレンズもそろえているため、写真のバリエーションも増やすことができます。

カラーバリエーションが多いことも特徴。他人とかぶりずらいミラーレス一眼カメラが欲しい方はペンタックスがおすすめです。
人とかぶりたくないならペンタックス!

デジタルカメラの買取相場

デジタル一眼レフは、性能によって幅がありますが、高いものだと中古でも数万円~数十万円の査定額になることもあります。

ミラーレス一眼は、デジタル一眼レフよりは下がりますね。

コンパクトデジタルカメラは、定価が比較的安価なので、中古品になると数千円になってしまうかもしれません。
新品価格同様、ミラーレス一眼カメラのの買取価格はデジタル一眼カメラよりは下がります。

製造年が新しいほど高値が付く!

デジタル一眼レフカメラは、1~3年スパンで新しい機種が発売されており、製造年が新しいものほど高値が付きます。

高額買取のポイント

1)動作は正常に動くか?
2)ダイヤルはきちんと反応するか?
3)傷やへこみはないか?
4)撮影して画像がきちんとメディアに記録できるか?
5)充電器はあるか?
充電器がないと査定価格が下がってしまうことがあるようです。

保管方法にも注意しましょう!

1) できるだけ湿度の低いところで保管します。
カメラやレンズは湿気に弱いです。そのため、乾燥材を入れたカメラケースやカメラバッグに入れて、湿気の少ない場所に置いておくほうがいいです。

2)使用後はほこりを取ってからしまう
ブロアーを使って使用後は必ずほこりを落とします。ズームレンズにはほこりが入りやすいです。
査定前には特にきれいにほこりを落としておくと、査定UPにつながります。
ネットのカメラ買取サービス業者と実店舗の買取業者があります。
まずは実店舗に持って行って、価格に納得できなければ、ネットの買取サービスを利用する方がいいです。ネットの買取サービスは宅配買取で、無料査定を行っています。送料無料のところがほとんどで、サービスがいいだけに、その分が査定額に影響する可能性が高いです。
ネットの買取サービスでは事前査定を行ってくれます。それは写真やテキストだけで、大まかな査定額を出すというものです。事前査定で高額な査定額が出ても、実際の査定額は大幅に下がるということは多いです。
カメラの買取サービスは販売価格の半額かそれ以下で買い取ることがほとんどです。
人気機種や最新機種は6~7割になることがあるようです。
カメラの買取業者は転売するのが目的なので、転売価格の半額程度で買い取るのが一般的となっています。

買取業者はいくつもあるので、口コミ評価の高いところをいくつかピックアップして、いくつかに査定を依頼する方がいいでしょう。その上で、納得した価格を提示してくれるところを選びましょう。
39 件

この記事のキュレーター

peach peach

おすすめの記事

今注目の記事