2017年1月6日 更新

【スマホ買取】白ロムと赤ロムで査定額は変わる?!

スマホを買取に出すうえでロムの知識は身に着けておかなければなりません。白ロムはSIMカードに何も登録されていないスマホのこと、赤ロムは端末代金が払われていないスマホのこと。白か赤かでスマホの買取額は変わってきますので注意しましょうね。

白ロムってなに?

スマホ買取の事情に詳しくない人にとっては、いきなり「白ロム」という言葉を出されても何のことやらさっぱり、
と思ってしまうかもしれません。まずは白ロムとは何か、しっかりと学んでおきましょう。
白ロムとは、W-CDMA方式等の第3世代携帯電話が普及する以前から使われていた、日本の携帯電話事情では欠かせない用語。
というのも、それ以前は端末内のフラッシュロムに電話番号(加入者情報)を直接書き込んでいたことからそう呼ばれるようになった。
現在ではSIMカードに電話番号を書き込むのが一般的になったので、白ロムという言葉は、SIMカードが挿入されていない端末のことを指すようになった。

スマホには欠かせないSIMカード。ここに何も書き込まれていない、真っ白な状態のことを「白ロム」といいます。

じゃあ赤ロムって?

では赤ロムとはなんでしょうか?赤、という色で思い浮かぶのは危険なものですよね。
危険なロムっていったいどういうものでしょうか?
ネットオークションや中古ケータイ店では、盗難や本人確認書類の偽造、ケータイ補償サービスの悪用、前所有者の割賦代金の未払いなど、不正に取得された端末や代金未払いの端末が出回ることがある。その際、キャリアなどが、こうした“不正端末”の利用をストップする措置を取る。この利用停止のことを「赤ロム」「遠隔ロック」「ネットワーク利用制限」などと呼ぶ。

 「赤ロム」や「ネットワーク利用制限」になると、その中古端末を運悪く買ったユーザーが端末を使えなくなってしまう。そこで中古ケータイを扱う店では、「赤ロム」の場合には返金や同等品への交換を行う補償サービスを実施しているところが多い。

中古市場でスマホを買うとき、稀にこの赤ロムが混じっていることがあります。

白ロムと赤ロムとでは査定額が変わってくる?

なるほどね、でも稀に混じってる、ということは買取業者も気付かないんだから、
(やってはいけないことだけど)端末代金を払い終えないまま黙って売りに出してもばれないんじゃないの?
と思うかもしれません。でも、買取業者も注意を行き渡らせていますから、最近では赤ロムは買い取ってもらえないケースが増えています。

このように、赤ロムは買取不可といった解答が多く見受けられます。
やはり盗品や不正契約を疑われる赤ロムは買取不可の場合がほとんどのようです。
Wi-Fiでの使用だけに限れば可能なので、赤ロムはWi-Fi専用機として使うのが一番のようです。

赤ロムだと申告すれば買い取ってくれる?

簡単にはだまされないようになっているってわけね、じゃあこっちが赤ロムだと申告した場合はどうなの、
と思うかもしれません。実際、ネットワーク制限になっているスマホでも使えないことはありませんから、
それを踏まえた上で買取してくれる業者も存在します。

赤ロムや分割支払い中(残債あり)の端末も買取可能ですのでご相談下さい

赤ロム買取赤ロム・分割中のiPhone・iPadの買取はセンターランド買取事業部にご相談下さい。大半の携帯買取店では赤ロムや分割支払い中(残債あり)の端末は買取を断られる場合が多いですが、当店では高価買取が可能です。諦めて捨ててしまわずにご相談下さい!買取をさせて頂いた赤ロム・分割中のiPhoneやiPadは、海外で部品取りや中古携帯として大活躍いたします。

赤ロムだと確認するには

では、自分が使っているスマホが赤ロムだと確認するにはどうすればいいのでしょうか?
端末代金を払い終えているかどうかは契約会社に確認した方がいいのでしょうか?

赤ロムかどうかはネットワーク利用制限がされているかどうかを確かめればいいので、各キャリア会社のホームページなどで確認しましょう。
利用制限
これはいちいちドコモショップやauショップのようなところに持って行かなくてもWEBから携帯電話の製造番号(IMEI)を入力するだけでチェックできちゃいます。
WEBから赤ロムチェックできる便利な世の中なのです。
ドコモ

http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/search.php

ソフトバンク、EMOBILE、Y!mobile

https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

au

https://au-cs0.kddi.com/FtHome
20 件

この記事のキュレーター

ぱげ ぱげ

おすすめの記事

今注目の記事