2017年1月6日 更新

ここだけは押さえよう!スマホの買取査定の基準はなに?

近年はスマホ市場は急速に拡大しており、同時に中古市場も活況を呈しています。そろそろスマホを買い替えたいなあ、と思っているあなたにとっては高額買取のチャンスです。スマホの買取査定の基準さえ踏まえておけば、買い取り値段で新しいスマホが買えちゃうかもしれませんよ!

一番大事なのは本体の綺麗さ!

買取店側が重視しているのが本体が綺麗かどうかです。
どんな中古品にも共通して言えることですが、中古品を買う人としては新品に近い品を変えたほうが有難い
ですよね。ですから、買取業者もキレイなスマホを高い値段で買い取ろうとします。

査定の際に重視するところは?

ゲオがスマートフォンの査定の際に最も重視する所を知っておけば、高価買取のコツが分かるかも!実際に査定でどこを見ているのでしょうか。

ゲオ「一番重視しているのが本体の綺麗さです。」

最も重要なのは本体がどれだけ綺麗かということだそうです。買い取ったスマホが店頭に並んだ時に、やはりお客様が手に取るのは本体だから本体の綺麗さが一番重視されますとのことでした。確かに自分が中古でものを買う時、付属品や説明書の状態はあまり確認しませんよね。自分がものを買う時にチェックする所こそが、ゲオが一番査定に際に重視している点と言えそうです。

付属品があるかどうか

スマホを使うにあたって充電ケーブルなどの付属品は欠かせないものです。
購入者にとってはわざわざ新しくケーブルを買う手間などを惜しむために、
付属品と併せてスマホを買うという人が少なくありませんから、売りに出す時に付属品を付けると
高額査定に繋がりやすいです。

4. 付属品をそろえる

スマホを購入したときに一緒についていた付属品、例えばマニュアルやケーブル・充電器などは、できる限りそろえて一緒に売りましょう。
ほとんどの場合、全ての付属品がついている状態を基本として足りないものがあれば減額、という計算により買い取り価格が決まるものです。

水没反応が出るかどうか

スマホの内部には水没反応という、水に浸されたかどうかを選別するセンサーが付属されているものが
多数販売されています。一度水没しただけなら使用するには問題ありませんが、
二度三度水没すると本体が故障しかねません。買取業者にとっても購入者にとっても、
長く使えるかどうかは重要なポイントです。
続いて、iPhone5下取りが行われました。
じっくりと端末全体を調べる店員のお姉さん。
SIMを取り出し自分のスマホのライトで奥を覗いたその時です。

「あぁ、水没反応が出ているので買い取りができませんね。」

とひとことつぶやき、端末を返されたのです。

え?? 水没反応?!
水没させた記憶なんてないのですが・・・。

「水の中に水没させなくても、湿気や雨などの水滴が原因で水没反応が出ることがあるんです。」
とニッコリ。
えええ~!?なにそれ聞いたことないよぉ。



その他動作や端末自体に不良はないのですが、水没反応が出ているというだけで買い取りしてもらえませんでした。
結局キャンペーンを利用することなく機種変更のみを行って家路へ。。。
こちらは下取りのケースです。キャリア会社による下取りは厳しく行われる一方で、買取は査定額が変わるだけ、と柔軟に対応していただける場合が多いですが、やっぱり査定額は高い方がいいですよね。

端末代金を支払い終えているか

近年はスマホの端末代金が高くなっている傾向にあるため、分割払いが推奨されています。
よって1年ないし2年かけて端末代金を払う人が大半なのですが、中古市場に買取に出すにあたって
端末代金を支払い終えているかどうかは重要です。

◆完済したかどうか

買い取ってもらう機種の分割料金が、完済か支払中かによっても金額は変わってきます。

支払中の端末でも買い取ってくれる業者はありますが、その場合大幅な減額になってしまうことがほとんど。一方で、支払中でも金額に一切影響ない業者もあるので、支払中の方は積極的にそういう業者を選択したいところですね。

動作確認を忘れずに!

何よりも重要と言えるのがスマホが動くかどうかです。どこかに欠陥があったら査定額がガクっと落ちてしまいますので、自分であらかじめ確認しましょう。

スマホの動作確認をしよう

査定はスマホの見た目だけではなく、スピーカーやマイクの音質も異常がないかをチェックします。音がこもり気味だと感じたら、各部分のメッシュ構造となっている部分をブラシで軽くこすってホコリを出します。さらにエアダスターを斜めの角度から吹き付ければホコリを追い出すことができます。
20 件

この記事のキュレーター

ぱげ ぱげ

おすすめの記事

今注目の記事