2016年5月6日 更新

クラシックカメラもまだまだ現役です。高値買取してもらう秘訣とは?

カメラと言えばデジカメが主流の時代ですが、クラシックカメラもまだまだ現役で愛好家がたくさんいます。そんなクラシックカメラだからこそ高値買取りを目指したいもの。クラシックカメラの高値買取の秘訣について調べてみました。

クラシックカメラの査定ポイントを把握する。

イラスト:グラフィック素材集:So-netブログ

クラシックカメラは程度が命です。

カメラ・レンズは機種名で売れ筋のものかどうか判断できますが、それが商品としてすぐに販売できるかどうかは現物を拝見しなければわかりません。
いまや古いカメラ・レンズを買い求める方はマニアの方しかおられませんので、マニアを満足させるような程度・状態のものでなければなかなか売ることができないからです。

買い取り対象品はまず外観をチェックします。
傷や凹みは修理できませんので外観は重要な査定項目です。
撮影可能な状態であるか、故障や不具合の程度、レンズの清浄度をみます。
そこでどれくらい手を加えて修理・整備する必要があるのか見極め、そのコストを勘案した上で査定額を決めます。
クラシックカメラは古いカメラですので、カメラとして機能するかが重要です。
不動品でも買い取ってくれるお店はありますが、高値買取は難しいでしょう。

クラシックカメラの買取での査定ポイントを知れば、
その部分の機能をチェックしてメンテナンスすることができます。

クラシックカメラで完動品ともなれば、高値買取りのチャンスです。

クラシックカメラのメンテナンスをする。

一写入魂

実はクラシックカメラの方がメンテしやすいんです。

クラシックカメラのメンテナンスアイテムを販売するジャパンホビーツールさんに聞いたところ、以下のポイントが挙がってきた。

1.「電子化」されていないので故障しても修理ができる
2.自分で分解して腐食、汚れを取り除くこと(メンテすること)ができる
3.中古カメラ屋さんやオークションで同じカメラを購入しパーツ取りが可能
1の理由は確かに頷ける。ハイテク電子部品の塊となっているデジカメは本体を素人が開けることは厳禁となっており、事実上ユーザー自身が分解してメンテすることは不可能。

対して、2のようにクラシックカメラは専用の工具などを使えば比較的容易に分解でき、メンテナンスができる。
デジカメなどは複雑な電子部品だらけですが、
クラシックカメラは構造的にはシンプルです。

細かい部品が多いので大変そうに思えますが、
構造を理解すれば実はそう難しい作りでは無いのが分かります。

クラシックカメラのメンテナンス方法はある程度マニュアル化されていますので、
高値買取りの為にはできるメンテナンスはしておきましょう。

壊れた部分は修理してみる。

今日もお散歩日和の画像|エキサイトブログ (blog)

クラシックカメラの構造はシンプルです。

質問者さんのように深いところに興味を持たれるのは、
たいへん良いことだと私は思います。
私自身もかつて趣味の範囲ですが、
カメラのオーバーホール技術に関心を持ったことがあります。

修理やオーバーホールの知識は自分で現物を調べる、
或いは専門書で学ぶ、今であればウェブサイトで吸収する、
凡そはそんなところでしょうか。
ただ、知識と技術はやや異なってきますので、
技術に関しては自分の経験というところに尽きると思います。

私が自分でやってみて気がついたことは、
当たり前のことですが、あせりは禁物ということですね。
西洋からさまざまな文明が入ってきた安土桃山・江戸時代、
多くの日本人がそれら未知なる物に関心を抱き、
同じものを作ってみたいと勉強を始めました。
クラシックカメラが完全な状態で保管されているのは希です。
どこかが壊れていることも多いので、修理できそうなら修理してしまいましょう。

壊れたまま売ろうとしても、高値買い取りされることはありません。
買い取り拒否の可能性も高いです。

クラシックカメラの修理方法はネットや書籍で知識が得られます。
一つ一つ丁寧に確認して行えば、自分で修理することは不可能ではありません。

クラシックカメラの価値が分かるお店に売る。

博士のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

クラシクッカメラの豊富な知識を持つお店を選びましょう。

有名ブランドのカメラなら高額買取

カメラは一眼レフタイプのものが買い取りの主流になっていますが、他に二眼レフやマニュアル、オートフォーカスなど、場合によっては、比較的新しいタイプのカメラやレンズを買取ることがあります。
ただし、ライカ、ツァイス、ローライフレックス、ハッセルブラッド、フォクトレンダーなどの有名ブランドは、間違いなく高額鑑定になります。

誰もが知っている海外製ブランドは、著名なだけではなく、性能やメンテナンスにも力を入れているため、いつまで経っても使用できる保存状態のよいカメラが多くなっています。
カメラにはメーカーの他、型番もございます。希少性があり、昔と同じように使えるカメラであれば、高額鑑定・買取になります。
カメラとしての価値は、クラシックカメラは低いです。
その代わり、カメラマニアのコレクターアイテムや、骨董品としての価値があります。

クラシックカメラに詳しい人でないと、それらの価値がわかりません。
クラシックカメラを専門に扱っているお店や、骨董品としてカメラも多く扱うようなお店に査定をしてもらうのが良いでしょう。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

毛皮を高価買取りしてもらうにはどうすればよい?買取前の準備や流れもご紹介

毛皮を高価買取りしてもらうにはどうすればよい?買取前の準備や流れもご紹介

毛皮は大切に保管すれば何年経っても美しい毛並みを楽しむことができます。しかし、あまり使う機会がなく、しまいっ放しになっているという方も多いのではないでしょうか。特に人気が高いのはミンク、チンチラ、ロシアンセーブル、フォックスなどです。ただし、高価買取をしてもらうためのコツもあるので、間違って安く買い叩かれないように注意してくださいね。
管理者 | 233 view
【シルバー×ウォレットチェーン】要らないのなら高値買取だね!

【シルバー×ウォレットチェーン】要らないのなら高値買取だね!

ハードなイメージがカッコいいシルバーのウォレットチェーン、でも服装の好みが変わってコーディネートしにくくなることも。仕舞いっ放しのウォレットチェーンがあるなら、思い切って買取してもらいませんか?実はかなり高値が付くこともあるんですよ♡
Luby-c | 1,008 view
【クロノマスターは大人気!】ゼニスの腕時計・買取のイロハを知って高値売却♪

【クロノマスターは大人気!】ゼニスの腕時計・買取のイロハを知って高値売却♪

ゼニス(ZENITH)の時計はとても評価の高い製品です。 デザインも良いですし、精工に作られている時計になります。ですので中古高値でも高価買取が期待出来る腕時計となりますね。 特に人気の「エルプリメロ クロノマスター」は高価格での買取も期待できます。 そんなゼニスの時計を高値で買い取ってもらう方法について紹介していきます。
koi01 | 807 view
【知らなかったでは済まない】ウブロの腕時計を高額で買取らせるマル秘ノウハウ

【知らなかったでは済まない】ウブロの腕時計を高額で買取らせるマル秘ノウハウ

高級腕時計として人気のウブロ。普通に買取に出しても高値が期待出来ますが、どうせならもっと高く売りましょう。少しの手間で買取価格アップが期待出来る?ウブロの腕時計を高額で買い取らせるテクニックについて調べてみました。
okonomi999 | 2,920 view
ビンテージカメラは、劣化しないように保存して買取ってもらいましょう

ビンテージカメラは、劣化しないように保存して買取ってもらいましょう

デジタルカメラが全盛ですが、海外製のビンテージカメラは根強いファンが多く、高値で取引されています。ただし、高価なカメラであっても状態が悪ければ値段が付かない場合もあります。大切なビンテージカメラを高く買取ってもらうためにも、適切な保存方法を確認しておきましょう。
kabosumikan | 529 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

okonomi999 okonomi999

おすすめの記事

今注目の記事