2017年1月5日 更新

【宝石買取】シリマナイトを高値で買取してもらうには?

シリマナイトは綺麗なカラーの宝石です。パワーストーンとしても人気の高い宝石です。 アクセサリーなどにも使用されていますので、お持ちの方も少なくは無いと思います。 シリマナイトを買取に出すときには、買取店選びが大切になります。 その選び方とは何でしょうか。

シリマナイト

珪線石(けいせんせき、sillimanite、シリマナイト)は、鉱物の一種。組成はアルミニウムのケイ酸塩 (Al2SiO5)。比重 3.2。モース硬度 7。斜方晶系。
同一化学組成では、他に多形として藍晶石と紅柱石がある(同質異像の関係)。珪線石は高温・低圧で安定。
泥質岩起源の変成岩などに産する。
シリマナイト 〜成長を表すお守り石〜 ( その他趣味 ) - セラフ パーピュア - Yahoo!ブログ

シリマナイトは日本名で珪線石と呼ばれています。
モース硬度は7となっていますので、硬度的にはアクセサリーとして使用するのにちょうど良い硬さだといえます。

意味

美しいキャッツアイ効果が特徴とされ、成長・清浄・光輝を表す鉱物とされています。
その力は、悲しみで傷ついた心を癒し、身体には活力を与え、心身ともに癒しをもたらす、癒しの石だそうです。

また、直感力、洞察力を高め、身に迫った危険を予知し回避させる守り石であると共に、勇気と行動力を養う力があるとされ、何事においても意欲的に取り組むことができるように促してくれる力もあるそうです。その為、恋愛や仕事においても、なかなか最初の一歩を踏み出せない方にはお勧めの石かもしれません(^_^)
癒やしをもたらしてくれる宝石なのがシリマナイトとなっています。
何かイヤなことがあった時に持っておくと良いことがあるかも!

シリマナイトの価値

★シリマナイトグループ|★ジェムマニア★

シリマナイトは繊維状に結晶を作るため、まるでシルクが石の中に入り込んでいるかのようにも見える姿があまりに特徴的な鉱物です。
石自体が希少価値が高く、珍しいことで知られますが見分けるのが難しい鉱物といわれています。

また、シリマナイトは一度に多くの色彩を楽しませてくれる多色性が強い鉱物で知られますが、シリマナイトの美しさを十分に引出すには熟練の職人技が必要とされています。
それだけにジュエリーとして世に放たれているシリマナイトは見事な美しさを見せる石なのです。
シリマナイトのキャッツアイは高値で取引がされています。
宝石は綺麗であるのかと言うのが買取査定時には重要となりますね。
見た目が美しい宝石に目をつける方は少ないくないですからね!

お手入れ

シリマナイト|小さなきらめき

■シリマナイトのお手入れ方法■
シリマナイトは、特別使用上の注意点はなく、日常的にご使用いただけます。
通常のお手入れは、柔らかい布で拭く程度で大丈夫です。またメガネクリーナーでも可能です。
ただし、超音波洗浄は出来ませんので注意が必要です。

硬度も低くはなく、靭性も強めですが、強い衝撃では割れる可能性があります。
普段は身につけたら拭く程度のお手入れで大丈夫ですね。
保管時にはなるべく他の石と一緒にしておくのは止めておきましょう。
他の石が傷つく可能性があります。

買取店の選び方

「査定人の顔が見えるお店」であるか?

 これが一番大事! お店によっては素人が査定をし、値付けのみを本部の人間が行うケースが少なからずある。素人は取り扱いも慣れていないため、大切な品に傷が付いたり破損したりも。査定人を隠すことなく紹介してくれるお店が◎。
買取店で査定をしてもらう際には出来るだけ目の前で査定を行ってくれるお店を選びましょう。
目の前で査定が行われないと不安にもなりますね。
個人で売るとなると、やはり質屋、ブランドリサイクルショップとなると思います。店により値段の違いは多少ありますので、やはり品物を実際に品物を持ち込み比較するのがベストです。東京の御徒町あたりは貴金属専門店が多いので、他の店よりは適正に価格評価されるのではないかと思います(もちろん店によりますが、実際に金、プラチナは都内の質屋より断然高いです)ダイヤに関しては、極端にいうとデザイン、定価どうこういうよりも、ダイヤの質が値段の比重をしめます。おなじ、1カラットでも色、キズなどでピンきりの値がつきます。
買取店選びは、いくつかのお店を巡るということも大切です。
このお店は有名だからという理由だけで決めてしまうのは危険です。
小さな買取店でももしかしたら高値で買取をして貰える可能性もあります。
いろいろなお店に持ち込んでみるのが高値で売るコツですね。

シリマナイトはとても綺麗な宝石です。
愛着があったのなら尚更ですが、少しでも高く買い取って貰いたいですね。
20 件

この記事のキュレーター

erikuson erikuson

おすすめの記事

今注目の記事