2016年8月19日 更新

様々な色と種類があるトパーズ、相場に違いはあるの?

指輪などに利用されるドパーズ。一概にトパーズといっても多種多様な色があり、また産地によっても色が異なります。黄色の他にピンクや緑、青などカラーが豊富ですが、色によって宝石としての価値や相場の違いはどう変わってくるのでしょうか。今回は、種類に焦点をあててまとめてみました。

トパーズとは

トパーズあるいはトパズ[1] (topaz) は、石英(水晶)より少し硬いケイ酸塩鉱物。和名は黄玉(おうぎょく)。
語源ははっきりしておらず、ギリシャ語で『探し求める』を意味する『topazos』(トパゾス)からという文献もあれば、サンスクリット語で『火』を意味する『tapas』からという文献もある。産出地である紅海の島(現在のザバルガート島、英名セントジョーンズ島(en))の周辺が霧深く、島を探すのが困難だったからとされる。但し、古くはトパゾスはペリドットを意味し、『ペリドット』と現在のトパーズが混同されていた。
東洋では美と健康を象徴するとされ、古代エジプトでは太陽神ラーの象徴として非常に価値が高いものとされ、ギリシャでは「力の石」と呼ばれていました。
11月の誕生石の一つで、パワーストーンとしても人気があります。
ほんのわずかですが日本でも産出される宝石で、主な産地はブラジル、ロシア、パキスタンなどです。

カラーが豊富

パキスタン産・ピンクトパーズ
天然産の大部分のトパーズはほとんど無色で、次に多いのが淡青色や硫黄色ですが、アクアマリンに似た海青色、黄色、淡褐色、ピンク色などのものもあり、色のよいものは宝飾用に珍重されます。 黄色ないし硫黄褐色のトパーズを、宝石商はプレシアストパーズと呼んでいます。
トパーズは和名では「黄玉」と呼ばれますが、その名前の通り、黄色いイエロートパーズが代表的な色です。
しかし実際には様々な色があり、無色透明、青、緑、赤、ピンクなど様々な色があります。

価値の高いトパーズはどれ?

シェリーカラーの石!インペリアル・トパーズ

インペリアル・トパーズ

インペリアル・トパーズ

濃いオレンジ色をしています。
様々な色のあるトパーズですが、その中でもブラジルなどで産出される黄褐色から橙褐色のシェリーカラーの石は、インペリアル・トパーズと呼ばれる最高級品です。

インペリアル(皇帝)という名前の由来は、過去にシトリンがトパーズとして流通していたことから、ブラジル政府が本物のトパーズと区別するために名づけたそうです。
シェリーカラーのトパーズはインペリアル・トパーズと呼ばれ、ブラジルのミナス・ジェライス州が主な産地です。本書では取り上げませんでしたが、イエロー系トパーズのクオリティスケールでは、このインペリアル・トパーズがビューティグレードのSになります。シェリーカラーにも濃淡があり、ブラウンみがかからない濃いめのものが最高とされます。
インペリアル・トパーズは、長時間日光に当たっても退色しないのが特徴です。

紫色やピンクは希少性が高いドパーズ

ピンクトパーズ Topaz 鉱物たちの庭

紫色やピンクのインペリアル・トパーズはシェリーカラーのものより希少性があります。
もともとは、トパーズの中で最も価値が高いと言われていたのが、赤み強い橙色のトパーズで、これをインペリアルトパーズと呼んで他のトパーズと区別していました。

しかし、2004年以降からOHタイプに属するトパーズであれば、赤い色でなくともインペリアルトパーズと認定されるようになりました。

そのため、赤色以外のOHタイプのトパーズにも、鑑別書でインペリアルトパーズと表記されるようになった

最近人気のブルートパーズ

ブルートパーズ

ブルートパーズ

最近人気のブルートパーズは無色のトパーズに放射線処理を施し、人工的に着色されたものがほとんどです。
天然のブルートパーズも無いことはないのですが、色が薄い物がほとんど。画像でも、ひとつだけ色の薄い物がありますが、それは天然色だそうです。(あ、もう一つ、無色のホワイトトパーズが写ってますね;)
色が深い物ほど価値が高く、濃い方からロンドンブルー、スイスブルー、スカイブルーなどと呼ばれています。とても洗練された感じの、クールな石です。

トパーズの相場は?

無料の写真: トパーズ, イヤリング, 自然, 石, 宝石, カボション, 設定 - Pixabayの無料画像 - 665340

天然石の価値を計る為の最も大きな要因は【希少性】です。種類や大きさとは関係なく希少性が高ければ高いほど値段が高くなります。トパーズは希少性は高くないので全般的に安いのです。
トパーズは流通量が多いため、高値で買い取ってもらえるのはインペリアル・トパーズのみのようです。
人気のブルートパーズは色付け処理されているため、数10ct以上の大きな石でなければ値段が付かない場合もあります。
高く買い取ってもらうためにはお手入れをし、鑑定書や箱などの付属品も忘れずに持参しましょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【プラチナの指輪】満足いく買取価格にしてもらうためには?

【プラチナの指輪】満足いく買取価格にしてもらうためには?

プラチナの指輪をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そして、使用しなくなった商品は売却するのも一つの手です。 そこで買取査定をしてもらう前に知っておきたいのが、どういった場所で売ると高値が付くのかと言うことです。
yamao | 538 view
【シルバー950】買取相場ガイド【高額買取】

【シルバー950】買取相場ガイド【高額買取】

シルバーのネックレスやリング(指輪)をお持ちの方も多くいらっしゃいます。ただ、金(ゴールド)と違い、どれぐらいの相場感で買取が可能かイメージがつかない方も多いでしょう。そして、シルバーは変色しやすいという性質もあり、買取前の手入れや、メンテナンスがとても重要になってきます。ここではシルバーの買取相場やメンテナンスについてまとめました。
b58sn5v3o72d | 1,564 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kabosumikan kabosumikan

おすすめの記事

今注目の記事