2016年5月10日 更新

【アンプ】【マイク】【スピーカー】平均査定価格の目安を教えて!

古いオーディオをを売ろうと思った時、どのくらいの値段になるのか知りたいと思いませんか?アンプやマイクの査定価格の一例をご紹介します。目安程度にご覧ください!!

オーディオを売りたいとき、どーする?

オークション派

ただ時期的に需要が無ければ買い手が付きませんし
逆に需要があれば釣り上がります
時の運がありますね

専門買取店派

オーディオ専門買取業者なら、ある程度の安定した収入が見込めます。

どんなオーディオが売れる?

■アンプ
■パワーアンプ
■コンバーター
■CDプレーヤー
■増音スピーカー
■ターンテーブル
■カーオーディオ
■マイク
■ハイレゾ
■オーディオアクセサリー
■レコードプレーヤー

こう見てみると、結構なんでも買い取ってもらえるんですね!

マイクはいくらくらいになる?

業者にもよりますが、品質のいいマイクは1,000円~10,000円といったところです。

パワーアンプっていくらで売れる?

いくつかの買い取り専門店の実績を調べてみると、
業者にもよりますが、一般的には3,000円~5,000円と言ったところです。
ポータブルヘッドホンアンプなら、もう少し高額の1万台の値段がつくものがありました。
また、アンプ単体で売るよりも、スピーカーとセットになっていると喜ばれます。

スピーカーはいくらで売れる?

一般にスピーカーというのは箱型で中にユニットが入っていて、それが振動することで音がでています。
正確にはスピーカーとは中のユニットのことです。
また、外の箱の部分はエンクロージャーとかキャビネットと呼ばれています。

スピーカーは電気信号を空気振動に変える部分。
iPodやアンプから出た信号を振動に変えて「音に変換」する役割を持っています。
ただし、その音量はあまり大きくないんだな。
そこで登場するのがエンクロージャー。
スピーカーから出た音はエンクロージャー内で響き、増幅されて外にでています。
また、ここで音質も調整されて整った音になります。
エンクロージャーはただの箱ではなく、ちゃんとした役割があって、スピーカーメーカーはエンクロージャー内部をいろいろ計算して作っています。
ネットで調べていると、超大型の高級スピーカーでも、買取の上限額は40万程度でした。
小さいもの、古いもの、傷のあるものなどは、ぐんと値段が下がってしまいます。
リサイクル店で買い取ってもらおうとしたら800円だったという悲しい話もあります。

いずれにしても、査定価格は業者によります。
中古のスピーカーを欲しい!というお客がたくさん確保されている業者なら、
それなりに高額で引き取ってもらうことができますよ。

できるだけいくつもの業者に査定してもらい、一番良い買取業者を選びたいですね。

中古品オーディオの目安価格!!

実際にいらなくなったMarshallの10W練習アンプ売った時千円だったと思います。
たとえば、こんな買取例がありました。


大型のスピーカー(ワイヤレスのもの)   
定価が7,000円のもので、買取価格は2,000円程度。

大型のフロントスピーカーシステム
定価が18万円の品物で、買取価格は7万円、

ウェイバスレフ型スピーカーで定価が130万円のもの
小売価格は100万円。買取価格は未公開です。
状態がいいとして
1500円+1000円

しかしそこから出張買取り費用が引かれるので
重たくてもお店に持って行って査定してもらうほうが
引かれる分が少なくていいと思います
オーディオというもの、乱暴に言ってしまえば好みの世界です。たとえばレストランやラーメン屋などの好みに個人の嗜好があるのと同じで、その人が気に入っていればそれで充分。値段が高いかどうかなんて関係ない。

ギターアンプにこだわりのある人も!!

どちらかというと、MicroCubeが固い音であるのに対し
DA5の方が、柔らかい音を出すという印象があります。
また、ピッキングのニュアンスも、MicroCubeの方が
でやすい傾向にあるという印象を受けました。
その分、DA5の方が「うまくなった気になる」という感じです。
ここに関しては、どちらも好みで選んでいいと思いますが
個人的には、DA5の方が気持ちよくて好きですね。
あなたの持っているオーディオに、価値を感じてくれる人が現れると高く売れるはず!頑張って探して下さいね!
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーディオを売りたい!その前に査定価格を教えて!

オーディオを売りたい!その前に査定価格を教えて!

オーディオを売ろうと思った時に、めやすになる査定額を知りたいと思いませんか?一般的な目安査定価格と傷や故障がなければ、どれくらいの高値が見込めるのかもご紹介します。
watamizu2015 | 747 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

watamizu2015 watamizu2015

おすすめの記事

今注目の記事