2017年6月4日 更新

【豆知識】ブランド品を現金化する時の注意点をご紹介

クレジットカードを持っていてショッピング枠は余っているもののキャシング枠がいっぱいになってしまった…というときに役立つのがブランド品の現金化というものです。

今すぐに何とかして現金を用意したいと思っている方もこちらの方法をチェックしてみてくださいね。
しかし、ブランド品を現金化する際には様々な注意点があるのです。

これを知らずに始めてしまうと思わぬ損をしてしまうこともあるので、注意点については必ず事前に確認しておきましょう。

ブランド品を現金化とは?

ブランド品を現金化とは何かというと、これはクレジットカードを使ってブランド品を購入し、それを買取業者に買い取ってもらうことにより現金を手にする方法です。

キャッシング枠がなくなってしまったけれどショッピング枠が残っているという場合にはこの方法で現金を作ることができます。
新しくクレジットカードを作ってキャシング枠を増やすことはリスクも高いので、この方法で現金を作りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

実は、かなり前からこういったことを代行して行う業者が存在しました。
クレジットカード現金化というもので、「お金を貸して欲しい」といってきた人に対し指定の商品をクレジットカードのショッピング枠で購入させ、それを買い取るという手口の業者がいたのです。

こちらは例えば10万円のブランド品を購入したとしても購入代金として6万円や7万円しか渡してもらえません。
現金を手に入れることができて嬉しいと思うかもしれませんが、ショッピング枠の残高は自分で返済していく形になるため、結果的に損をするのです。

少し面倒ではありますが、これを自分で行うこともできます。
買取ショップは増えてきているので、購入したブランド品を買い取ってくれる店を見つけることは不可能ではありません。

ブランド品を現金化する際の注意点

注意点がたくさんあります。

・クレジットカード会社の規約違反になる

こういった行為は返済できなくなる可能性が大きいことからクレジットカード会社で禁止事項に定められています。
例え知らなかったとしてもブランド品を現金化したことがクレジットカード会社にばれると一発で利用停止になる可能性があるわけです。

ただ、クレジットカードでブランド品を買っただけでは現金化していることまでわからないのでは?と思うかもしれませんが、キャッシング枠がない人が何度も立て続けにブランド品を買ったりすると怪しまれるのは当然のことだといえるでしょう。

・購入した価格では売れない

ブランド品の中にはかなり高価なものもありますが、限定モデルなどでない限り通常は購入価格よりも安い価格での買取となります。
先程ご紹介してるのに、10万円で購入したのに買取業者に持って行ったら6万円にしかならなかった…というケースも多いのです。

一度だけお金のやりくりをするつもりで利用するのであれば仕方がないかもしれませんが、継続してこの方法でお金を作っていくのは非常に危険だといえるでしょう。

ブランド品の現金化は本当に困った時に一度だけ!

ブランド品の現金かどうかの作ることに慣れてしまうと、「足りなくなったらまたブランド品を買って現金化すればいいや」という気持ちになることがあります。
このような状態が続くとどんどん負債は大きくなるので、仮にこの方法を選択するとしても「一度だけ」ということを強く心に決めましょう。

できるだけ高くブランド品を現金化するには?

ご紹介した注意点を踏まえた上でブランド品の現金化を検討している方はできるだけ高値で買い取ってもらいたいですよね。
もし10万円で購入したブランド品がほとんど変わらない価格で売れれば、メリットは小さいです。

できるだけブランド品を高価買取してもらうためにはキレイな状態で保管して早めに売ることが大切になるのですが、現金化のために購入したのであれば付属品もそろった状態で手元にありますよね。

また、使う目的で購入したわけではないので、汚れなどもないでしょう。
新品やほとんど新品に近い状態で商品を購入できれば高価買取が期待できます。

まとめて売った方が高値は付きやすいのですが、何点もブランド品を購入するとショッピング枠の利用が大きくなってしまうので、これはおすすめできません。

注意点を知って賢く利用しよう

ブランド品の現金化には注意点もありますが、どうしてもお金が足りない…というときに役立つ豆知識のような方法です。
ご紹介したリスクについてよく理解し、本当に現金化するのか一度よく考えてみてくださいね。

買取業者の中にはブランド品以外にも様々なものの買取を行っているところがあります。

ノーブランドの服などは難しいかもしれませんが、カメラや自転車、アクセサリーなど、査定対象になるものはいろいろあるのです。
タンスに眠っているものの中にも値がつくものがあるかもしれないので、まずはそういったものを買い取ってもらうことから始めましょう。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブランド品を買取ってもらう時汚れはどうすればよい?

ブランド品を買取ってもらう時汚れはどうすればよい?

不要になったブランド品があるけれど汚れもある…というケースでは、買取はしてもらえるのでしょうか。これは業者によって異なります。非常に人気の高い高価なブランドであれば汚れがあったとしても、そのまま買取可能なところもあります。
管理者 | 95 view
こんな買取業者は注意!“悪質”貴金属買取業者の見分けかた まとめ

こんな買取業者は注意!“悪質”貴金属買取業者の見分けかた まとめ

貴金属の買取業者に買取をお願いする際に、注意しておかなければならないポイントがあります。それは買取業者の中には悪質な業者が紛れていることがあるというポイントです。
管理者 | 94 view
【2017年3月度】最新情報!金の買取価格の相場をご紹介

【2017年3月度】最新情報!金の買取価格の相場をご紹介

金はどのタイミングで売るかによって金額が変わってきます。2017年3月度はどのような相場となっているのでしょうか。安いときに売ると損をするので、できるだけ高くなったタイミングで売りたいですよね。金を売りたいと思っている方のために現在の相場情報などについてご紹介します。
管理者 | 180 view
腕時計は故障していても買取してくれるの? 気になる腕時計買取事情

腕時計は故障していても買取してくれるの? 気になる腕時計買取事情

使っていない腕時計があるけれど、壊れてしまったから買取はしてもらえない…と思っている方もいるかもしれませんが、必ずしも買取が不可というわけではありません。故障の原因などによっては例え動かなかったとしても買い取りが可能なものもあるのです。
管理者 | 136 view
ネットオークションでよくあるトラブルまとめ ~顔を合わせない取引なので注意が必要!~

ネットオークションでよくあるトラブルまとめ ~顔を合わせない取引なので注意が必要!~

オークションはブランド品などを売る際にも高値が付きやすい方法として知られています。そのため、利用しようと思っている方も多いことでしょう。ただ、オークションのトラブルに泣かされている方もたくさんいるのです。ここではネットオークションでよくあるトラブルについてご紹介します。注意していれば防げるトラブルも多いので確認してみてくださいね。
管理者 | 143 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者